スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

ディファランス 久しぶりのアップです

JUGEMテーマ:グルメ
 先日、ウツボ公園南のディファランスさんに初めて行ってきました。

泡で乾杯   蛸の

泡で乾杯。  見せ皿とシンプルなテーブルセッティングが素敵です。

蛸を使ったアミューズ3種です




サーモンと枝豆とフヌイユ    
サーモンと枝豆とフヌイユ


白ワイン  アルザス ピノグリージョ
アルザス ピノグリ


岩牡蠣と牛頬肉とビーツ   

岩牡蠣と牛頬肉とビーツ「   岩牡蠣アップ  

牡蠣が苦手な相方には貝3種のお料理

貝3種と牛頬煮込み



オマール海老と穴子と茸  一緒に盛られたキャベツの赤ワイン煮込みと芽キャベツ

オマール海老と穴子と茸   オマール海老と穴子と茸


蛤と帆立貝と仔牛と新牛蒡

蛤、帆立、仔牛、新牛蒡


フォアグラとルバーブとアーモンド

フォアグラとルバーブとアーモンド  フォアグラ アーモンドパウダー  ルバーブ のスプラウト乗せ 


平目とズッキーニと七谷鴨        お口直しの七種のトマトとトマトのソルベ

平目とズッキーニと七谷鴨    口直し


メインは 猪と小茄子とトリュフ

猪と小茄子とトリュフ
手前の黒いものが小茄子、ペースト状のものを塗って焼いてある、焦げているのでは


デザートのローズヒップと桃とエストラゴン  続いて巨峰とチョコレートとセロリ  小菓子

ローズヒップと桃とエストラゴン  巨峰とチョコレートとセロリ  小菓子


お見送り
シェフは必ず表まで出て見送ってられました
お見送り

広島は美味しい  酒菜 竹のした

 久しぶりに広島で食事をすることになりました。

紙屋町あたりで探してみると、切れの良さそうな画像のお店を発見。

お値段もお手軽そうなので予約を入れて来店しました。

紙屋町と立町の電停の間で1本南の道へ入った所にあるビルの2階へ上がります。

店内は思ったよりずっと落ち着いた感じで、お料理への期待が膨らみました。

まずは生ビールとお通し、マッタケと菜っ葉の和え物バイ貝の茹でたものです



たくさんある品書きの中から、まず刺身の盛り合わせ鱧の湯引きを

   

このあたりでビールから日本酒へとのみ進めます。

雨後の月「大吟醸 月光」



最初の一味は甘い感じがしましたが、そのあとはしっかりした味わいが
口の中に広がるお酒でした。

さらに鱧の包み揚げと
広島に来たらこれを食べないといけない思ってる、小イワシの天ぷら

   

鱧は中にうまみが包み込まれ、香高くいただきました。
小イワシはカラッと揚がって、もちろん尻尾の先まで頂きました。

実はこの日お店が混んでいる中を、席を取ってもらったので、
このあたりで時間が無くなり〆のご飯を食べれませんでした。

次回はもっと早めに予約してゆっくりと楽しみたいと思いました。




酒菜竹のした 魚介・海鮮料理 / 立町駅紙屋町東駅本通駅
夜総合点★★★★ 4.0

インターコンチ大阪のPIERRE がっかりでした

 6月のある日6月5日オープンのインターコンチネンタルホテル大阪の20階の
PIERREというフレンチに行きました。
メニューは 夜はコースがDans la simplicite とDes compliciteesの2種類
あとはアラカルトがあります。

席に案内されるとシンプルなクロスなしのテーブルにセットされていました。


  

ドリンクのメニューはホームページにはなかったので初対面です。
小さな突出しが出され、シャンパンをいただきながらメニューに目を通します。
シャンパーニュメニュー  

夜のコースは2つとも違ったタイプだったので、連れとそれぞれ注文することにしました。
ここからは左側がDans la simplicite、右側がDes compliciteesの画像です。

ヒメホタテガイ?
 
  
                       

野菜の一皿            生ウニとカリフラワーの出会い

             

パンとバターはどちらも同じです。エシレバターと海藻を練りこんだバター。

                

ワインをオーダーしました。
このホテル開業記念のプライベートラベルのものとボーヌ プルミエ クリュ
プライベートボトルの白は味、コクなんて特に感じないものでした。
少しの差を気にされない方は是非プルミエ クリュをお召し上がりください。

    


ういきょうとウニのロワイヤル      赤座海老とカシス
                  赤座海老は身も厚くかなり良い感じでしたが
                  少し火が通りすぎだったかも…


 
     
 
          

あんこうとアンチョビ         本日のがっかり大賞のフォアグラ 大地のブイヨン
                   せっかくのこのフォアグラが少々くせがある味で
                   しかも火が通りすぎで肝心のクリーミーな中身が
                   溶けてなくなっていたようで、
                   フォアグラとは思えないものでした
           調理温度を聞いたら60℃との事
                             
                   調理の時間は不明だけどとにかくダメはダメ               


こちらのコースは1品少ないのでお休み   平目と酸味  

                    
でも待ち皿などの気遣いはありませんでした。



仔羊と甘酸っぱい京茄子         鴨 スパイスのベール
仔羊は特有のクセがうまく        鴨はとても厚肉でジューシーでした。
消されていてよかったです。

           

フロマージュは両コース共通でワゴンで出されます。
ただし!このワゴンに乗っているのはサンプルで、その場でカットせず、
聞いたチョイスをキッチンに通して、中でカット、盛り付けして出されます。
どうしてなんでしょうね?
フロマージュが苦手という人にはフルーツが出てきます。
     

ソルベは共通




イル フロッタントの再構築        リモンチェッロ風味のババ

            
                                                              

             
以上でコースのほぼ全容ですが、全体に酸っぱい味付けが多かったと思います。
そのもとは柑橘であったり、ケーパーであったりいろいろでしたが、
シェフの好みでしょうか?
84席のレストランですがキッチンの前を通った時には6人位しか見当たりませんでした。
(何人体制かは確認していませんが…)
振り返ると最初の食べ始めは空いていたので料理がスムーズに出てきましたが、
メインの前後からペースがダウンしたようです。
満席になったらキャパオーバーしそうですね。
それと、食事後に席でチェックをするのですが、ずいぶん長くほったらかしにされたので、
行儀がよくないとは思いながら入口まで行きました。
以上素人ながら感じたことを書かせていただきました。
 
                 
               
    
    




ピエールフレンチ / 西梅田駅大阪駅梅田駅(阪神)
夜総合点★★★☆☆ 3.0

中之島バラ園から ユニッソン デ クール

 中之島のバラ園が見ごろと聞き出かけてみました。
初めて行ってのですが、なかなか手入れが行き届いていてきれいでした。
   


      


しばらく花の香りと美しさに見入った後ですぐ近くのユニッソンデクールへ。
前もって予約してあったのです。


本音は食事のついでにバラ園だったのかな?

シャンパーニュで乾杯です、アミューズは細工の細かいものでした。

卓上の飾りの花瓶がおしゃれ。
シャンパーニュ  アミューズ  

フォアグラを使った小さな前菜と箱作真蛸のポトフ”ミナール”です。

ワインはこれらの中から選べます。
フォアグランの一品  タコのスープ  


前菜に続き周参見ケンケン鰹とエンドウ豆プラタニエール
ガラスの蓋がかかって運んでこられます。

  こんな風に出てきます  カツオのお料理 

小松島ズッキーニとビゴール豚のピレレーヌ
この後魚なので、さっきとは違う白を。

  


ポワソン・ド・マルシェはスズキ アーティチョークと大阪しろ菜のバリグール。
メインはブルターニュ・ホロホロ鶏 白アスパラとピラフ"アレキサンドラ"。  
ホロホロ鳥は火通しが抜群で溶けるような食感でした。

スズキ  ホロホロ鳥  

調子に乗ってランチなのに食後酒。マール。
そしてデセールへと進んでいきました。
カカオのイルフロタン、リュバーブのタルト
調子に乗ってマール  デセールの1  デセールの2  

ハーブティーをオーダーしたらハーブを見せていただけました。
ハーブティーのハーブ  ハーブティー  最後のスイーツ

すっかりおなかも心も満足で、帰りの電車で居眠りそうになったことは説明不要??

    


  
 


 
ユニッソン デ クール
昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:フレンチ | なにわ橋駅北浜駅南森町駅

azzurro 粋でおしゃれで 気楽イタリアン

 北新地のスエヒロのビルの1階に最近おしゃれなイタリアンが開店しました。

azzurroという名前です。 この場所は以前はケーキ屋さんだったと思います。

外観

営業時間が長くてたしか17:30から04:00だったと。

近いうちにランチも始める予定と意欲的です。

メニューはアラカルトが豊富です。 美味しさを予感させるカトラリー。
メニュー    カトラリー   フォカッチャ

キタアカリのポテトサラダを発見、ハムも種類が多いので迷った挙句盛り合わせにして、

キタアカリとアンチョビ    ハム盛り合わせ

左端が16日間熟成の生ハム!!

前菜は迷わず盛り合わせに、ハムも前菜もポーションがしっかりです。

ダダ茶豆のオリーブオイルのものがありました、ワインによく合います。

アスパラと卵の料理はなかなかのもの。

前菜盛り合わせ  ダダ茶豆オリーブオイル風味  アスパラと卵の…  


そして、本日のメイン中のメイン!!

子牛のフィレ肉のローストです。子牛のミラネーズみたいに思って、
今日は白ワインで済んでしまうかと思ってましたが、
なんとこの肉塊を見たら「赤」となりました。

子牛のフィレ肉

ナイフがスパッと通って、切り口の美しかったこと。
感動のあまり撮影もれです。
口の中に味がしみわたりあっという間に溶けていくようでした。

今度は遅いバータイムにも行きたいですね。


最近再びazzurroさんに行きました。

相変わらず落ち着いた良い感じでした。

お料理の写真を追加します。

フォカッチャと生ハム

   


本日おすすめの鯛のカルパッチョ と 来れば ワインは白

   

的矢牡蠣のグラタン  盛り合わせ

   

生ハムをもう一度 そして 次のワイン

   


さらに もう2品

   


そして 最後に 和牛のロースト とろけます










新三浦で焼き鳥 博多水炊き 美味しい日本酒

 9月の末に久しぶりに滝見小路の新三浦さんへ

スタートはつきだしで生ビールをグイ! 続いて焼き鳥を

つきだし  きも


ずり  かわ

焼き鳥は きも、ずり、皮、モモは撮影もれです。

並行して日本酒を飲み始め、本州一と南を

本州一と白露  南

南は特に精米歩合60%の純米ひやおろしでコクとうまみが口の中で転がります

そして、なんといっても大阪で一番美味しい水炊きを、

水炊き

白濁スープは格別、比肩するものなしです。

今回は、新しいカメラを導入して、少しだけですが、鍋の湯気も写りました。



夏が来〜れば思い出す  初めての尾瀬散策 その2

 尾瀬散策三日目です

<3日目・渋沢温泉小屋→三条ノ滝→見晴(尾瀬小屋)→燧ケ岳→尾瀬小屋>
20人近いグループから私たち3人だけ別行動することにして、
みんなより早く朝ご飯を6時に出してもらって、お弁当も作ってもらい渋沢温泉小屋を7時出発。
昨日下りてきた道を登り、途中の分岐を三条ノ滝の展望台のある方へ進みます。

三条ノ滝の展望台の分岐のところにザックを置いて、急な階段とかを下りたりして、
展望台に到着です。

二日目出発   急な階段鎖付   三条の滝

三条の滝の名前の由来は、水が枯れてくると3筋に分かれることからきているそうです。
この時期は水量が多く迫力あふれる一本でした。

滝を見た後は登山道を尾瀬ヶ原へ向かいます。

平坦なところまで出ると、昨日とは打って変わって天候が回復し、
至仏山や燧ケ岳も遠いながら姿を眺めることができました。
花も咲き方が太陽に呼応してより元気に開いています。

わずかに至仏山が見える      燧ケ岳も見えます

見晴らしまで到着して、今日宿泊予定の尾瀬小屋さんに余分な荷物を預けて、
見晴新道経由で燧ケ岳登頂に出発しました。

ところが、登山道に入って10分も行かないうちに雪道となり、
しかも解けかけの悪雪で木とかに近い部分は下が空洞になっていて、
踏みぬいてしまいそうで、安全そうなところを通ろうとすると、

登山道が悪雪で  下山ポイントの花  下山中

倒木を「くぐったり、またいだり、木の枝に擦れたりと
障害物競争さながらの状態で、前進するスピードがコースタイムの2倍くらい
かかってしまっている感じで予定時間を大幅に超えそうでした。

また、さっきまで晴れていた上空にガスが出てきて、山頂に行っても
眺望を望めないこともあり、やむなく断念して下山し尾瀬小屋に戻りました。

時間も13時近くになっていたので、小屋の前のベンチで乾杯してお弁当を頂きました。
下山したらビール   尾瀬小屋夕食

そんなわけで午後はゆっくりできました。
他の方たちも4時過ぎには到着したので、その辺りから小屋の夕食をはさんで、
ロングランの宴会となりました。


<4日目・尾瀬小屋→沼尻→長蔵小屋→三平下→三平峠→一ノ瀬→大清水>

尾瀬小屋の前からは天気が良ければ至仏山が真正面に見えるのですが、
見えそうで雲がかかって見えないのが残念でした。

至仏山が見えない

でも歩き始めると天気は良くなってきて、今回の期間で一番の好天になりました。

   沼尻に到着 

沼尻に着くころには青空がきれいになってきました。

尾瀬沼      ここにもチシマザクラが

チシマザクラも陽に映えてきれいです。

尾瀬沼周辺は尾瀬ヶ原に比べて200mほど標高が高いせいか、
水芭蕉も小ぶりのものが多く、花の開き具合もほどの良いものが多くありました。

     

90年の歴史を持つ長蔵小屋のところでも休憩をしました。
昨日登れなかった燧ケ岳が今日は山頂まできれいに見えています。
ちょっと悔しいですが、天候には逆らえません。

   燧ケ岳   最後の峠


この後は三平下で尾瀬沼と別れて、今回の最後の峠越えとなります。

三平峠ので少し休憩して、山を下りて一ノ瀬の売店で昼食をとり、

大清水へ下りました。

初めての尾瀬でしたが、天候も雨に降られるわけでもなく大過なく楽しむことができてよかったです。





夏が来〜れば思い出す  初めての尾瀬散策 その1

 久しぶりにBlogをアップ!

しかも食べ物ネタじゃないところが不思議。
6月の11日から尾瀬に行ってきました。

<1日目・前泊>
11日は丸沼高原のペンションプモリに宿泊。
プモリのオーナーの宮崎勉さんは8000m級の山を6座も登頂された、
有名な登山家です。
朝食   プモリ夕食   プモリ夕食メイン

とってもおいしい夕食を頂いた後で、宮崎さんのお話を聞かせていただきました。
高所順応のことなど興味深く聞き入りました。
食堂の横の談話コーナーには2002年にチョモランマに登頂された時の
酸素ボンベが無造作に置いてありました。

プモリの宮崎勉さん    チョモランマ登頂時の酸素ボンベ

<2日目・鳩待峠→尾瀬ヶ原→見晴らし→渋沢温泉小屋>
鳩待峠から歩き始めるのですが、一般車両は通行禁止なので、戸倉からバスに乗ります。
戸倉でバスに乗り換え
この日はバンに分乗しました。
鳩待峠にはさすがに人が多く集まってきていてにぎやかでした。
木道  シラネアオイ  

下り道が終わると尾瀬ヶ原に入って行きます。
紫のシラネアオイがきれいでした。
山ノ鼻で少し休憩して、さらに湿原の木道を歩きました。

  チシマザクラ  看板


あちこちに水芭蕉が咲いています。
少々時期が遅いのか?盛りを過ぎた花も見受けられました。

ピンクの花はショウジョウバカマというそうです。
ミズバショウ    ショウジョウバカマ


竜宮で休憩したあと、見晴らしまで歩き昼食をとりました。

  竜宮  


昼食後は尾瀬ヶ原を離れて、渋沢温泉小屋(しぼさわおんせんこや)を目指します。
元湯の温泉小屋あたりまでは平坦でしたが、その先は滑りやすい木道の
登山道となりました。

  元湯温泉 
 
いったん登って、最後は延々と続く下りのつづら折りです。

      


渋沢温泉小屋が見えた時には、ホッとしました。
夕食までの時間が楽しみのビールタイムです。
小屋の周りはきれいな新緑で、只見川の源流が近くを流れていて、
清流の音がいつも聞こえています。
    

夕食は小屋の近くでとれた山菜に自家製のイワナ味噌をつけたり、
イワナの塩焼きなど、健康的で野趣あふれるものづくめです。
渋沢温泉の夕飯  スタッフの方々

スタッフの方です。右の森さんはこの小屋の創業者さんの後を継いで運営されています。
渋沢温泉小屋
食後にお風呂に入ってから、食堂で色々な話に花が咲きました。

……  3日目に続く  ……




与太呂 本店

 五月の初めに 与太呂本店にランチに行きました。

12時に入ったら三番目くらいでした。

もちろんカウンターに予約です。メニューは定番の天ぷらと鯛めしのコースをチョイス。

大正10年創業の老舗の趣があり、何となく落ち着くホンマモンの空気が好きです。

ミシュランガイドに載ってからも同じ雰囲気と時間の流れを保ったお店です。


      

パンから始まり、季節の野菜やエビが順々に心地よいタイミングで出されます。
フキノトウ、パン、新玉ねぎ、ハマグリ


     

エビはからの所だけをカラッと揚げて胴と並べて出されます。


   

季節の野菜です。


一通り天ぷらが出された後は、鯛めしをいただきます。

実は予約してあったので食べ始めたころには、もう出来上がりかけていて、

鯛めし   

炊き上がった鯛めしを席の後ろにあるワゴンにおいてくださってます。

それをよそってもらって頂くのですが、この写真のもので3人前です。

たいていは食べきれないので、ちゃんとお持ち帰りの折に入れていただけます。

味はだしがよく効いた独特のしっとりとした仕上がりで、

鯛の身もふんだんに入っています。

以前に梅田にある、ここによく似た鮮○○○というお店で同じようなコースを注文しましたが、

天ぷらはべちゃつき、鯛めしは見せるだけ見せてキッチンへ持って行ってしまい、

鯛めしには鯛の身が少なくがっかりしたことがありました。

やっぱり天ぷらは揚げるキャパをちゃんと守っておられるお店に行くべきですね。

与太呂本店ではご亭主一人で、10人くらいを目安に揚げておられます。

西天満 いがらし ランチに入ってよかった!

JUGEMテーマ:グルメ

午前中の仕事が西天満で終了したのが11時40分頃

どこかで昼を… と考えたときに堂島雪花菜で紹介されたいがらしを思い出し、

頭の中に残ってる記憶の地図をたどって店を見つけました。

外観

のれんがかかり表には簡単に「生節田舎風  一二〇〇円」と書いてあるだけ。

一瞬、生節だけでランチで1200円????? 足が止まりそうでしたが、

その気持ちを押し切って中へ。 昼の一番乗りでした。

とても愛想よく迎えていただき、カウンターの真ん中程へ座らせてもらいました。

しばらくすると、1品目の突出しが出されました。
先付 生節田舎風

あとでわかりましたが、これが生節の田舎風で、

ご主人曰く、「先付の1品しか表には書かないことにしてるのです」

なるほど、でも以外というか、そういいながらカウンターの中では
揚げ物、造り、添え物を順々に盛り上げて行ってられるのをみて、
安心しながら一品目をいただき終わると、

お料理全体ご飯と汁も

ランチの全体像が私の前にやってきました。

造りは カツオと鱧の落としが一つ、
サバの揚げ物の甘酢かけ、季節の野菜のかき揚げ、
イカときゅうりの酢の物、シロナ?のたいたん

焼き物は さわらの照り焼き

ご飯にはちりめん山椒がかかっていて
女性の方が「おかわり行ってください」

てな一言に、本当にご飯をおかわりしておなかをふくらせて
帰ってきました。
 

関連ランキング:割烹・小料理 | 南森町駅扇町駅大阪天満宮駅

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
フリースペース1
四つ橋線 肥後橋駅 徒歩2分に  キュートなオフィスビル    iplace 江戸堀   (アイプラス江戸堀)     <パース>
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from office1911. Make your own badge here.
Number of Guests
ブログパーツUL5
ゴックン!
selected entries
categories
archives
recent comment
  • えのき で 精進料理 ほんものの味わい  
    kbow (07/16)
  • 一碗水 ついに行きました
    ぺろんぱ (07/12)
  • 農家厨房 と言う名の 中華料理
    cotty (03/07)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    kbow (02/09)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    まゆ (02/09)
  • 旬彩 皐月 
    まき (02/04)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    kbow (01/14)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    oblio (01/14)
  • キッチンハウス うたげ 高級料理を破格値で
    ジュン (11/10)
  • 延重 で さかなゼイタク
    (10/13)
recent trackback
recommend
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計 (JUGEMレビュー »)
泉 和幸
著者の経済評論家としての鋭い切り口と長年培われた中国古典の豊富な知識が語る教訓
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM