スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

ディファランス 久しぶりのアップです

JUGEMテーマ:グルメ
 先日、ウツボ公園南のディファランスさんに初めて行ってきました。

泡で乾杯   蛸の

泡で乾杯。  見せ皿とシンプルなテーブルセッティングが素敵です。

蛸を使ったアミューズ3種です




サーモンと枝豆とフヌイユ    
サーモンと枝豆とフヌイユ


白ワイン  アルザス ピノグリージョ
アルザス ピノグリ


岩牡蠣と牛頬肉とビーツ   

岩牡蠣と牛頬肉とビーツ「   岩牡蠣アップ  

牡蠣が苦手な相方には貝3種のお料理

貝3種と牛頬煮込み



オマール海老と穴子と茸  一緒に盛られたキャベツの赤ワイン煮込みと芽キャベツ

オマール海老と穴子と茸   オマール海老と穴子と茸


蛤と帆立貝と仔牛と新牛蒡

蛤、帆立、仔牛、新牛蒡


フォアグラとルバーブとアーモンド

フォアグラとルバーブとアーモンド  フォアグラ アーモンドパウダー  ルバーブ のスプラウト乗せ 


平目とズッキーニと七谷鴨        お口直しの七種のトマトとトマトのソルベ

平目とズッキーニと七谷鴨    口直し


メインは 猪と小茄子とトリュフ

猪と小茄子とトリュフ
手前の黒いものが小茄子、ペースト状のものを塗って焼いてある、焦げているのでは


デザートのローズヒップと桃とエストラゴン  続いて巨峰とチョコレートとセロリ  小菓子

ローズヒップと桃とエストラゴン  巨峰とチョコレートとセロリ  小菓子


お見送り
シェフは必ず表まで出て見送ってられました
お見送り

広島は美味しい  酒菜 竹のした

 久しぶりに広島で食事をすることになりました。

紙屋町あたりで探してみると、切れの良さそうな画像のお店を発見。

お値段もお手軽そうなので予約を入れて来店しました。

紙屋町と立町の電停の間で1本南の道へ入った所にあるビルの2階へ上がります。

店内は思ったよりずっと落ち着いた感じで、お料理への期待が膨らみました。

まずは生ビールとお通し、マッタケと菜っ葉の和え物バイ貝の茹でたものです



たくさんある品書きの中から、まず刺身の盛り合わせ鱧の湯引きを

   

このあたりでビールから日本酒へとのみ進めます。

雨後の月「大吟醸 月光」



最初の一味は甘い感じがしましたが、そのあとはしっかりした味わいが
口の中に広がるお酒でした。

さらに鱧の包み揚げと
広島に来たらこれを食べないといけない思ってる、小イワシの天ぷら

   

鱧は中にうまみが包み込まれ、香高くいただきました。
小イワシはカラッと揚がって、もちろん尻尾の先まで頂きました。

実はこの日お店が混んでいる中を、席を取ってもらったので、
このあたりで時間が無くなり〆のご飯を食べれませんでした。

次回はもっと早めに予約してゆっくりと楽しみたいと思いました。




酒菜竹のした 魚介・海鮮料理 / 立町駅紙屋町東駅本通駅
夜総合点★★★★ 4.0

azzurro 粋でおしゃれで 気楽イタリアン

 北新地のスエヒロのビルの1階に最近おしゃれなイタリアンが開店しました。

azzurroという名前です。 この場所は以前はケーキ屋さんだったと思います。

外観

営業時間が長くてたしか17:30から04:00だったと。

近いうちにランチも始める予定と意欲的です。

メニューはアラカルトが豊富です。 美味しさを予感させるカトラリー。
メニュー    カトラリー   フォカッチャ

キタアカリのポテトサラダを発見、ハムも種類が多いので迷った挙句盛り合わせにして、

キタアカリとアンチョビ    ハム盛り合わせ

左端が16日間熟成の生ハム!!

前菜は迷わず盛り合わせに、ハムも前菜もポーションがしっかりです。

ダダ茶豆のオリーブオイルのものがありました、ワインによく合います。

アスパラと卵の料理はなかなかのもの。

前菜盛り合わせ  ダダ茶豆オリーブオイル風味  アスパラと卵の…  


そして、本日のメイン中のメイン!!

子牛のフィレ肉のローストです。子牛のミラネーズみたいに思って、
今日は白ワインで済んでしまうかと思ってましたが、
なんとこの肉塊を見たら「赤」となりました。

子牛のフィレ肉

ナイフがスパッと通って、切り口の美しかったこと。
感動のあまり撮影もれです。
口の中に味がしみわたりあっという間に溶けていくようでした。

今度は遅いバータイムにも行きたいですね。


最近再びazzurroさんに行きました。

相変わらず落ち着いた良い感じでした。

お料理の写真を追加します。

フォカッチャと生ハム

   


本日おすすめの鯛のカルパッチョ と 来れば ワインは白

   

的矢牡蠣のグラタン  盛り合わせ

   

生ハムをもう一度 そして 次のワイン

   


さらに もう2品

   


そして 最後に 和牛のロースト とろけます










新三浦で焼き鳥 博多水炊き 美味しい日本酒

 9月の末に久しぶりに滝見小路の新三浦さんへ

スタートはつきだしで生ビールをグイ! 続いて焼き鳥を

つきだし  きも


ずり  かわ

焼き鳥は きも、ずり、皮、モモは撮影もれです。

並行して日本酒を飲み始め、本州一と南を

本州一と白露  南

南は特に精米歩合60%の純米ひやおろしでコクとうまみが口の中で転がります

そして、なんといっても大阪で一番美味しい水炊きを、

水炊き

白濁スープは格別、比肩するものなしです。

今回は、新しいカメラを導入して、少しだけですが、鍋の湯気も写りました。



厨 花膳  手の込んだお料理が魅力です

JUGEMテーマ:グルメ

北海道といえば新鮮材料をふんだんに、おなか一杯どうぞ!

というイメージなくもないのですが、このお店は

新鮮材料を独自のきめ細かに手を加えて、器、盛り付けが絵になってるのです

先付とアスパラの揚げ物

つきだし  グリーンアスパラのあげたもの


にはくずきりの椀物が出ました

くずきりの椀物  くずきりの椀物 

つづいて刺身は 北海アワビ一丁付けと ホッケのさしみ

アワビが丸ごと一つ  うれしいですね

噛むと昆布のような海藻の香が口中に広がります

さしみ 北海アワビと ほっけ

ホッケはポピュラーな魚ですが刺身は珍しいのでは

適度にのった脂が口を滑らかにしていきます


次は たしか カスベだったと思います、軟骨ごとぱりぱり頂きました

毛ガニの甲羅揚げ具がたっぷり詰まっていて、毛ガニの味わいの大集合です

たしかかすべ  毛ガニの甲羅揚げ


見た目がちょっと怖い、ややグロな八角の焼き物

すっかり火がとってますが、持ち味の脂身は健在です

ご飯はまずは少量でおなかを落ち着けてもらいました

八角の焼き物  炊き込みご飯


厨 花膳 (くりや はなぜん)
札幌市中央区南4西3  2Mビル4階
電話 011-218-8711



 

厨 花膳 懐石・会席料理 / すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)豊水すすきの駅

久しぶりのアップは北海道シリーズ

4月の初めに久しぶりに北海道は札幌へ

お友達に連れて行ってもらったのが、すし乃ふじ田

お通しの一品と 塩水うに、 ボタンエビのおどりで

北海道に来ていることをあらためて 実感しました

つきだしに塩水うに   ボタンエビのおどり

ネタケースの赤い物体がタラバの爪のボイルと聞き即注文

爪の身独特の歯触りに噛みごたえもあって美味しさが口中に充満

お酒はこのお店特製の 藤の舞  もちろん冷で

タラバの爪   特製藤の舞


このでかいカズノコは 自家製です。

生のニシンから取り出した子を何回も水を変えてきれいにしてあります

自家製かずのこ

アスパラは確か五年物から取れた親指ほどの太さで甘みがたっぷり

トロとぎんなんでますますお酒が進みます

親指くらい太いアスパラ   とろとぎんなん

北海道産のアワビをふんだんに使った水貝、ぜいたくしてる実感たっぷり

北海アワビの水貝


北海道産のたらこの握り、国産なのできれいにすっぱり切ってあります

アナゴは東北の震災の影響で西に方からの入荷品

イカとコハダ

北海道産たらこ と アナゴ   イカとこはだ

大きなアサリの吸い物、ラストは玉と芽ねぎ

大きなアサリの吸い物   玉と芽ねぎ

久しぶりながら恐れ入りました

美味しかったぁ

すし乃 ふじ田
札幌市中央区南五条西七丁目 5・7ビル1階
電話 011-521-4575

すし乃ふじ田 寿司 / 資生館小学校前駅東本願寺前駅すすきの駅(市電)

三日間でミシュランの 星4つ その 旬彩天 つちや

JUGEMテーマ:グルメ


ミシュランガイドには昨年から載っている

旬彩天 つちや さんに行きました

江坂の少し西に行った 住宅が多い地区にお店があります

一軒家を改装したというお店は構えもゆったりです



先付けはカニ身とホタテ 無花果に焼き茄子の香ばしいジュレがかかってます

  

お酒は 諏訪泉でスタートしました

つくりは 大トロに近いキハダと平目でした

続いての八寸は季節感あるもみじの皿が3枚使われて

前左 マグロのづけの 逆さ寿司 ⇒ 白いのがシャリでソースにしてあります

前右 栗の甘露煮、クルミの甘露煮、
   そして嵯峨豆腐にほぐしたへしこをトッピングした へしこ豆腐
後ろ 鴨ロースノブラックペパー焼ニ タスマニアノ大粒マスタードかけ


 

天ぷらが始まる前に 3種類の塩と特徴のある皿が出されました

塩は右から モンゴルの岩塩、藻塩、トメキシコ?ノ天日塩

  

天ぷらこれらの塩と ポン酢に近い味のツユを使い分けていただきます

さいまきえび と 五島の太刀魚を 次に ホタテの柱です

  

淡路のキス と 徳島の蓮根 お酒はここで 開運に

  


胡麻豆腐 と ワカサギ

  

カウンターのところに外国語でかかれて証明書?見たいなものがあったので

何かと聞いたら、イタリアの SANTIというワインメーカーからの

表彰状 と言うか 励ましの証明書のようなものとか

ここまで聞けば 飲みたくなって 白をグラスでいただきました

I FRARI でフルーティーな香りがするチョイ酸味のあるワインで

スッキリしたこの店の天ぷらが より軽快になるように感じました



そして 本日のハイライトの始まりの

松茸と 大きな 本しめじ  

どちらが松茸か 見間違うほどのサイズです




季節の 赤あしエビ  と 皮付きのまま揚げた ぐじ(甘鯛)

  

赤あしエビの身がもちっとしっかり さいまきエビとは違った味わい

グジは ウロコが パリッと揚がって 立ち上がり

外側がとても香ばしく 中の身はあくまでも 風味が閉じ込められ

てんぷら と言う調理法ならではの味に成っていました


次の 鳴門金時で天ぷらは終了し 口直しに

    

柿の柚子なますがくちなおしで出されて

ご飯の用意がされます

白ご飯にサワラの照り焼き 赤だし 香のものが出ます

  

赤だし用の特製山椒もでてきたりして 他で味わえない工夫がいっぱいです


デザートは カボチャのブランマンジェと ソルベ



このブランマンジェはおかわりしたいくらい気に入りました

以上で2時間くらいの食事を済ませて

天ぷらを受ける懐紙は一度も変えずに少しの脂がしみるだけで

この日は20人分を揚げても油が汚れたり 疲れることなく

揚げているとこの油切りも ほとんどわからない程度の所作

なのに からっと揚がっているので お話しを聞きましたら

「活け物をあげていると 油は疲れませんし、水分は最初に出るだけです」

とのお話でした。


さて、これで~で3件のお店のことを書きましたが、星4つはどうなった?

そうですね

実はこれより3日ほど前、神戸で発表があった翌日に
北新地でランチをいただきましたが、
そのお店が今回新たに一つ星を取られました

道理でそのとき 発売前の本がお店に置いてありました
そのギモンが解明されたのは 二日後でした

 






 

三日間でミシュランの 星4つ その◆,咾鵑咾

JUGEMテーマ:グルメ

あやむ屋さんに行った後で

びんびや さんが席が空きだしたので、行って見ました

いつも無口なおやっさんですが

この日は ピークを過ぎた時間だったせいもあるのでしょうが

なぜか ニコニコしているように 見えました

お腹は足りているので 突き出しで日本酒を頂いて退散しました

  

本当に おめでとうございます



三日間でミシュランの 星4つ その ,△笋牴

 JUGEMテーマ:グルメ

10月の22日ミシュランガイド京都大阪神戸2011が発売され

一つ星のお店の全容が私にもわかるようになりました

行ったことがあり お気に入りのお店が今年新たに

一つ星に選ばれていました

そのうちの 1軒の びんびや さんに早速電話して

この日の夕食の席が取れるかたずねましたが

さすがミシュランブックに関係なくすでに満席でした


それで やはり今年入った あやむ屋さんに電話をすると

運よく席が取れたので お邪魔しました

お店は福島区の2号線のトヨタの少し北に入ったところにあります

    

お通しに 美味しい豆腐が出ました



簡単なコースと 刺身を注文しました

右から 肝 ズリ と ハツ そして ささみ?

胸 と ねぎま

胸と言うと パサツキ感が気になりますが 

適度な弾力ある肉の食感です

  


皮 と ずり

   
特にこのズリはジューシ-で印象的でした


山芋 ナンコツ ハツ

    


いとこ(鶏モモとウズラ卵) と 肝

  

ビール ワイン をゆっくり頂き 2時間ほどでごちそうさましました

 

あやむ屋 焼き鳥 / 新福島駅福島駅中之島駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

二日続けてインドカレー パート2 シダラタ

JUGEMテーマ:グルメ

前日に続いて 今日もインドカレーを食べました

場所は江戸堀3丁目のスーパーホテルCity大阪天然温泉のすぐ近くです

   

2階の店なので地上では様子がわかりませんでしたが、

上のフロアは広くて、ゆったりしていました。


お店の方に聞いたら、以前はラジャと言うお店だったところを

居ぬきでやってますとのこと。経営者が変わったんですね。


前日を意識して、カレーのチョイスを チキンのカレーと

エノキとキーマのカレーにして辛さも同じ「辛口」にしました


   

この店のランチは カレーが2種類付いてるところ、食後のドリンクも

850円の中に含まれている点、さらには 味の奥行きが前日よりも

ずっと良かったので、今日のほうが価値あるランチです。

夜はカレーが30種類近くあったように思います。





シダラタ 
インド ネパール料理 & バー
大阪市西区江戸堀3-7-14
電話 06-6447-5100



インドレストラン シダラタ
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
フリースペース1
四つ橋線 肥後橋駅 徒歩2分に  キュートなオフィスビル    iplace 江戸堀   (アイプラス江戸堀)     <パース>
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from office1911. Make your own badge here.
Number of Guests
ブログパーツUL5
ゴックン!
selected entries
categories
archives
recent comment
  • えのき で 精進料理 ほんものの味わい  
    kbow (07/16)
  • 一碗水 ついに行きました
    ぺろんぱ (07/12)
  • 農家厨房 と言う名の 中華料理
    cotty (03/07)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    kbow (02/09)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    まゆ (02/09)
  • 旬彩 皐月 
    まき (02/04)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    kbow (01/14)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    oblio (01/14)
  • キッチンハウス うたげ 高級料理を破格値で
    ジュン (11/10)
  • 延重 で さかなゼイタク
    (10/13)
recent trackback
recommend
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計 (JUGEMレビュー »)
泉 和幸
著者の経済評論家としての鋭い切り口と長年培われた中国古典の豊富な知識が語る教訓
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM