スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

a・la・dandy (ア・ラ・ダンディ)  隠れ家のような鉄板焼き

JUGEMテーマ:グルメ

福島の花くじら歩店の少し西で 細い道の角っこに

気になるお店がありました

a la dandy と書いてあって 外観はワインバーみたいな

でも間口が狭く見えます 入口も青い布をくぐるように入るので

入りにくい感じがします

でも中に入ると 奥行きがあって 2階もあるそうで驚きました

焼き枝豆とビールででスタートしました 

   

おすすめの スジのサラダ温玉乗せ もなかなかの味です


料理はすべて目の前の鉄板の上で作られますが

よその前だったので調理の様子を写せなかったの残念です 

    

人気のあるトンぺ焼きです  ドリンクはワインに変えました

   


そして 鉄板ステーキ  と  〆にミックスモダンです

   

お店の方の親切丁寧な応対が気にいりました


a・la・dandy (ア・ラ・ダンディ)

大阪市福島区福島2-3-15

06-6344-7844

a・la・dandy お好み焼き / 新福島駅中之島駅福島駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

花くじら 秋風吹けば おでん恋しく

JUGEMテーマ:グルメ
 
夏が長かった今年でも10月も末近くなると 

そろそろ冬を予感させる気配が濃くなりそうです

さて 先日福島の 花くじら本店へ行きました


ネギきんちゃく と ダイコン
  

初めて行ったので 最初は少々勝手がわからずでした

6時に店に入りましたが、私より後の人は少し待ち時間が発生


はんぺん と 花くじら(おばけ)
   

メニューにお店と同じ ”花くじら”があったので注文すると 

正体は おばけ


熱燗はでかい錫の徳利で  コロは味わい深い
  


おでん屋さんは葉っぱものを食べるのが少ないですが

この春菊はしゃきしゃき感が残っていて、

上にかかった山芋がアクセントで、口のリフレッシュができます

スジ と シイタケ    春菊
  

おでんを焚いている鍋は いつもネタでぎっしり詰まっていて

火加減も ぐつぐつ煮立ったままです

でもお味は さっぱりと しかし だしはしっかり効いてます

近いうちに是非また行きたいですね




ブザンソン で落ちついた美味しいディナーを

JUGEMテーマ:グルメ


ブザンソン は 福島区の清風寺の北側にあるレストランで

とても素敵な内装とお客さんが増えても、

店内には落ちついた空気が漂う素敵なお店です

店前にはこんなメニューが出ていました



アミューズは 蕪のスープ ワカサギのピュレ添え

ワインは 白を

パンは ブーランジェリータカギのバゲットです

   


前菜は 北海道産タラの白子のソテー冬野菜添え と

パテとフォアグラのムース サラダ風

   

タラ白子は表はバターでパリッとして、中はトロリンと舌の上で融けます

パテはエゾ鹿を使っていたようです


次の 本日市場からの鮮魚のポワレ は

   

石鯛 ヒラメ ホタテの豪華材料に

筍や菜の花とか春っぽい野菜が添えられていました


メインは 和牛ホホ肉の赤ワイン煮込み と

      

仏産 エトフェ鴨ロース肉のロースト ポルト酒ソース

ワインは 赤が良くあいます

   


デザートも甘いものに替えて、チーズで仕上げをしました

テーブルとテーブルの間の距離感、向かいの壁との距離

音の反響などなど 落ちつけるお店です









 

ブザンソン (フレンチ / 福島、新福島、大阪)
★★★★ 4.0

十割そば工房 無文 美味しいおそば屋さん  

JUGEMテーマ:グルメ

 
福島天満宮の近く、はなくじら歩店 の隣の 無文です

外観  メニュー

ビールを飲みながら つまみやお酒を選んでました

いぶりがっこ と 出し巻きです

ご主人が陶芸をされるので 手作りの食器でとても豪華です

だしまき いぶりがっこ  皿

日本酒はにごりタイプではじめてしまいました

焼みそで さらに飲み口はエスカレート

焼みそ  酒その2

そろそろ そばへ 移行です

薬味と 塩がいっぱい用意されています

つゆ と薬味  塩色々

そばが来たのに まだ飲み足りませんでした

そば  

また行きたいですね!!





 

延重 で さかなゼイタク

JUGEMテーマ:グルメ

延重は 福島区はあみだ池筋 福島7北の交差点の南東を少し入ったところにあります

カウンターのネタケースには気になる魚がいっぱい

のど黒、あこう、ハタ、アイナメ が一匹丸ごと入ってます

どれかは 幻の魚 かも!!


まずは 背の青いのを中心に 造りです



左から、小あじ、さより、サンマ、アイナメ、中トロ、カワハギとその肝


次に焼き物で うちわエビを焼いてもらいました




つまみに たいら貝とギョク  毛ガニはさすが浜茹でで身がピッチリ

  

蒸し穴子とムラサキウニ軍鑑で 仕上がってしまいました

  

 

亜州食堂 CHOWK(チョウク) 手で食べると50円引きだったかな〜 2回目も行きました!!

JUGEMテーマ:グルメ

【1回目の記事です】

このお店 昨年の「辛 ミーツ」で読んで、

一度行きたいと思っていました

12時過ぎに 店に入った私で 満席になりました

メニューは豊富ですが この日は ナシカンダールと言う



ペナンと言うカレーのセットにしました、

   

この日はマトンのキーマカレーにマメのカレーが2種類付いてます

ごはんは¥100アップで ジャスミンライスと言う インディカ米にしました

さらっとした 辛味が夏に心地よいのでした


これ以外に 野菜だけの ミールスと言う 関西ではここしか食べられないものや

木曜なら日替わりで ゆで鳥の チキンライスもあります


【2回目訪問の記事です】

日替わりメニューは木曜日は タイのチキンライスだと聞いていたので


   

木曜を狙って2回目再訪問です

チキンはあっさりとゆでてあります、 ソースがとても良い味で

チキンにかけて それをごはんにのせて 味をからめて食べると

一層美味しくなります、ご飯はもちろんジャスミンライスです


次に来る時は ミールスと言う 南インドの野菜だけのカレーを

食べることにしようと思います。 



お店の方に寄れば 本格的なミールスは大阪ではここCHOWKだけしか

食べられないはずとのことです





亜州食堂 CH◎WK
大阪市福島区福島2-4-7
定休:日曜
電話:06-6453-0020
http://chowk.pya.jp
関電病院の北側の道からさらに北へ
ちょいと入ります


醤じゃん(じゃんじゃん) 激辛マーボー丼

JUGEMテーマ:グルメ

福島の関電病院の北あたりに、美味しい中華の店があり

名前が 醤醤 とか言うらしいと 知り合いの人から情報が…

調べてみると  醤じゃん と書くことが判明

場所もわかりやすいので、早速ランチに行きました

   

行ったときは12時20分頃で、数人の人が表に立って待っていました

しばらくすると、入れ替わりでカウンターに座ることが出来ました

季節限定のメニューが2種類あって、

激辛マーボー丼 と グリーンカレー

四川料理の店だし、初めてなので、マーボー丼を注文

限定10食の10食目でした

   

スープと漬物とライチが付いて 800円です

でも日替わりランチが730円なので そっちを食べる人のほうが大多数

あっさり目の激辛でしたが  醤油などの置いてある横にあったラー油が

結構  で  なので これをかけるとオリジナルの味付けになりました



醤じゃん (jan jan)
大阪市福島区福島2-2-7
電話 06-6450-1039
定休 日曜・祝日

mano a mano      teppan と wine

JUGEMテーマ:グルメ
mano a manoは国道2号線の 新福島あたりの南へ入ったところです

近所とは趣が異なる建物です

店の外のメニューで内容がわかりやすく、入りやすくしてあります

   

ランチコース Aで ベーコンときのこのオイルパスタにしました

前菜の5種盛りが豪華です

    

これにパンが付きます、結構なボリュームですし

ポンテベッキオ出身のシェフの味付けはなかなかのものでした


夜のアラカルトも リーズナブルな価格帯です



飲みすぎ食べ過ぎに注意しましょうね  ねっ ネッ!!


mano a mano  
マノ ア マノ
大阪市福島区福島3-13-12
電話&FAX  06-6452-9500

新三浦 地どり亭の博多水炊き 美味しい、ヘルシー

JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:健康
JUGEMテーマ:グルメ

新三浦地どり亭は なんと言っても博多水炊きが美味しいのです

博多水炊きは スープが命です、このお店のスープは私のランキングで

右に出るものなしです

最初にスープだけを味わってからつくねや野菜を入れます

スープの中には、骨付きの鶏がいっぱい入っています

スープの中には骨付き鶏がいっぱい

具を入れてからも、スープを飲みます

そのときに大変役立つのが、特製のおたまです

新三浦ちどり亭特製おたま   新三浦地どり亭特製おたま

形は見た目中世のカブトみたいに、ごつい感じがしますが

スープだけをこしとって汲むときに大変有効です



すがきやのラーメンフォークがニューヨーク近代美術館(MoMA)の

MoMA STOREに載りましたが
、このおたまも きっと載ると考えているのは

私だけなのでしょうか??



つくね野菜を入れて炊きます

つくねや野菜を入れて炊きます、またまた新しい味わいとなります









新三浦 地どり亭
大阪市北区大淀中1-1-90-B100
TEL 06-6440-5957

ブザンソン, 洗練されたフレンチ

JUGEMテーマ:グルメ
ブザンソンは福島のザシンフォニーホールの数分西にあります

すぐ近くには飲食店はなく、落ち着いた場所です

店内  メニューA

店内もいやみの無い豪華さのある、落ち着いた内装です

メニューA でデザートをチーズに決めて

  シェリー マンザニ-ジャ  タカギのバゲット

ドリンクはシェリーでスタートしました

パンは 江戸堀のブーランジェリー タカギのバゲットです


1品目はカボチャの冷製スープ

カボチャの冷製スープ

クルトン美味しい、こんなに美味しいクルトンは久しぶりです

黒い細いものは棒状のものは カリカリベーコンです


ワインの白、シャルドネ登場です

シャルドネ



さて、前菜は豚ホホ肉、舌、耳、足のテリーヌのサラダ仕立て

かわいいガラス皿に敷かれたテリーヌの上に野菜類や

イチジク、レンコン、水茄子と色とりどりです


相方のほうは フォアグラとアーティチョークのソテー
新玉葱のソースとガストリックソース

豚の顔耳足テリーヌサラダ仕立て  フォアグラとアーティチョーク

ホッコリした感じのアーティチョークの器にソースが込められ

その上に外カリ、中ソフトに程よくローストされたフォアグラが

切ればとろけ出しそうな状態です


魚料理は金目鯛のポワレ ハマグリ、ツブ貝添え

金目鯛のポワレハマグリツブガイ

身のしっかりした金目鯛は 和食の世界でいただくのとは

また一味違った食感です


メインを前に 赤ワインにシフトです、ボルド−とブルゴーニュ

ボルドー赤とブルゴーニュ赤


メインはオーストラリア産の仔羊のロースト ペルシャード風味

子羊のロースト

仔羊のわりには羊らしさがわずかにありましたが、

抜群の火通しで中まで柔らか、温かでした


相方のほうは 仏産 ウズラのソテー 赤ワインソース

ウズラのソテー


デザートはチーズ

チーズ1

奥右のブルーから時計回りに、ウオッシュタイプ

ヤギのミルク、カマンベールの順番です


お料理はどれもきれいで、美味しく、ボリュームもしっかり

と申し分ありません、 若いオーナーシェフの描き出す

絵画のギャラリーのようです




ブザンソン,  besancon,
大阪市北区大淀南2丁目6-4
 福井ビル1F
TEL/FAX 06-6451-1811












 
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
フリースペース1
四つ橋線 肥後橋駅 徒歩2分に  キュートなオフィスビル    iplace 江戸堀   (アイプラス江戸堀)     <パース>
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from office1911. Make your own badge here.
Number of Guests
ブログパーツUL5
ゴックン!
selected entries
categories
archives
recent comment
  • えのき で 精進料理 ほんものの味わい  
    kbow (07/16)
  • 一碗水 ついに行きました
    ぺろんぱ (07/12)
  • 農家厨房 と言う名の 中華料理
    cotty (03/07)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    kbow (02/09)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    まゆ (02/09)
  • 旬彩 皐月 
    まき (02/04)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    kbow (01/14)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    oblio (01/14)
  • キッチンハウス うたげ 高級料理を破格値で
    ジュン (11/10)
  • 延重 で さかなゼイタク
    (10/13)
recent trackback
recommend
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計 (JUGEMレビュー »)
泉 和幸
著者の経済評論家としての鋭い切り口と長年培われた中国古典の豊富な知識が語る教訓
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM