スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

casa M 一周年

JUGEMテーマ:グルメ

早いもので casa M さんが開店から1年を迎えられました

(早いもので  などと言うと 山田さん、久保田さんから怒られるでしょうね)

そのほんの前に行ってきました


シャンパンでスタートして

前菜その1は季節の野菜のバーニャカウダソース

前菜1

ソースがグツグツ沸騰しながら出されるのでワクワクします


2番目のお料理は ムースにジュレがかかってます

前菜2   白ワイン

全体を通していただいたのは 白ワイン 


肉は ウズラの部位2箇所を それぞれ焼いたもの

ウズラ


そしてパスタはもちろん手打ちのしっかりしたもので〆です

パスタ

とても楽しくお食事したので 詳しい内容をすっかり忘れました





 

casa-M で夏の涼しさを感じるひととき

JUGEMテーマ:グルメ
 
夏場はどうしても 食欲が 落ち気味で

あっさり物が欲しくなるのは 誰しも人情

そんなときぴったりな フードでワインを楽しんできました

アミューズは トマトのジュレがのった 

冷たいカッペリーニと言う 極細めんです

   

次に 今日のお勧めの新鮮魚介を

それぞれの味をいかして



ホタテとサマートリュフ、鯛とウニ、 アワビとその肝のソース

ワインは メゾンラトゥール の シャルドネ



スープは 白にんじんの冷静ポタージュ  白にんじんってこんなもの

   

後はご機嫌が良くなりすぎて、

記憶に残らないくらい夢のような、

美味しい時間をすごしました


casa-M で わがままディナー

JUGEMテーマ:グルメ

casa-Mへ友人と行きました、

この日は二人ともあまりガッツリは食べたくない モードだったので

アラカルトで あっさりすっきり系で進めることに

先に店に入って待ってる間に

シェリーとアミューズのフォアグラのムース

シェリー   foiglasmouse


いよいよ集合したので、

イサキのカルパッチョです




山田さんに辛目の白をお願いしたら、

SANCERRE SILEX 2007が出てきました

SANCERE SILEX   コルク

最初に口に含んだときはフルーティーさが一番に広がりますが

その後は甘さ抜きで、カラリとした味わいになります

だから 口の中はさっぱりしてカラリ 辛口そのものでした

後で時間がたってくると、その後味が微妙にですが

唐辛子っぽい風味に変わってきました



さて、次には 徳島産のウニ、アワビのジュレ掛けです

うにあわびじゅれかけ

フレッシュな材料がジュレとクリームとあいまって味が深まります

ドライトマトを付け込んだオイルでバゲットをそこそこいただいたので

次はしめの ジロール茸のパスタです

ジロール茸のパスタ   ジロール茸

結構これでおなかも満足しました

でも、満足したのは気分のほうが 関係あるかもしれません

不満足なら お腹がはち切れるまで食べても満足しないでしょうから





casa-M 再訪  

JUGEMテーマ:グルメ

casa-M で2回目のディナーです

アミューズの水ナスと水ダコ
 水なす、水ダコ


前菜の1品目はジュレがかかった 徳島のアワビ、ウニ、

北海シマエビ、カンパチ

魚介のジュレ

一番下にはマイルドなクリームが敷かれていて、かき混ぜてもまた美味しい!


白ワイン 

白ワイン   

今回はこの白以外にもう1種類白を、また食前酒にはシャンパンを頂きましたが、

まったく、銘柄フォローを忘れていました、ただし山田さんのセレクトなので

とても美味しいことだけは間違いありませんでした


壁には洋ナシの絵の飾り皿が、左から右へとダンダン実がかじられて

飾り皿poire

スペルも poire→poir→poi→po→p と変化します



前菜2品目はポロ葱のパスタ、平べったい大きな切り方が特徴です

トッピングはゴマをまぶしたプリプリの赤足エビ

ポロ葱のパスタ、赤足海老ゴマまぶし

ゴマの香ばしさと食感がアクセントになっています


魚は イサキのムニエルがアワビの肝のソースのリゾットに乗っています

イサキのムニエル、アワビ肝ソースrizotto


メインは原種豚 バークシャー 三元豚の交配にも使われることもある有名種

バークシャーロースト

脂身が多いように見えて、不思議にさっぱりとした味わいです


デザートは桃のコンポート、半分ほど熟したぶどうのジュースのジュレ

緑色はエストラゴンと言うハーブのアイスクリーム

こんなに桃が   桃のコンポート

桃がふんだんに使ってありました


この日は調子が出てしまい、食後酒に突入

食後酒のgrappa
  
グラッパ アルコール度数は40°くらいでしょうか?

でも喉にカッと来るので 危険な感じで飲みすぎ防止には良いかも

ロマネコンティ78年ものって? 開けました!!

JUGEMテーマ:グルメ
 
ロマネコンティ 1978年モノです

未開栓のロマネコンティ

もちろん本物です!

1991年ごろある方から頂きました、正確には私の家族が頂きました

そして 木造家屋の二階で夏冬越すこと 幾星霜

どう見ても 品質は保たれていない状態です


でー ワインをよーくわかっていただける方に開けてもらおうと

casaM さんへ行って 山田さんに手渡して開けてもらうことにしました

山田さんに これっ と渡した時に 彼の目がまぁるくなりました


開けていただいたと言うか、開けようとスクリューを刺そうとしたら

コルクが中へスルット入ってしまいました

詳しい方が集まっておられたので、皆さんに試して頂きましたが

ロマネコンティあき瓶1   ロマネコンティあき瓶2

やはり 味が変わりきっているようでした

それでも 腐ってもなんやらで、空けてしばらくすると

香りが出てきたような気がしました(気だけかも)

<casa・Mのblogではこんな評価を頂きました>


もちろん生きてるワインも飲んで

軽いおつまみ

閉店のまぎわでしたが、久保田さんの手のこんだ

おつまみを頂き帰りました

CASA M のディナー

JUGEMテーマ:グルメ


先日レセプションがあった、CASA Mが5月8日にオープンしたので



早速行ってみました。

現在のところ、21時30以前は約6700円のコース1種類で営業です

まずはシャンペンで、    卓上のきれいな花
    

最初の一品は 海の幸いっぱいの ジュレがけです



このジュレの味が どこかで食べたことのある、とても親しみがあり

でも、その完成度と精細さはほかに無いお味ででした

ジュレの下には、石鯛、ウニ、アワビ、ホタテ、赤足海老などが

姿を潜めていて、それぞれが登場するたびに持ち味をフルに発揮します

ジュレにかかったトンブリがプチプチとアクセントになっています


二つ目は色々な種類の加工肉の料理です



それぞれの特徴がすばらしく、お酒の量が増えてしまいました


次はパスタで、程よい歯ごたえでソースとのマッチングがバッチリでした



いよいよ魚です、ノルウェーサーモンの包み焼き



ホワイトアスパラが敷いてあります、包まれているので

サーモンのうまみが無駄なく中に閉じ込められていたようです


さてさて、メインの肉は 和牛のほほ肉の赤ワイン煮込みです



パイで出来た入れ物に収められ、フレッシュな野菜がのってます

中のほほ肉は ホロホロトロトロながら 味はきっちりと保たれてました


いよいよ終盤に向かいチーズの登場です



手前から、白カビのダクロス、真ん中がウオッシュタイプのエポワス、

そして青かびのロックフォールです

特に エポワスの熟成具合が抜群で、この日に食べるのがベスト 

と言うものを選択して出していられるそうです


店内の席は14席ですが、開店早々は予約なしでほんの数席あいていました



でも、当日連絡の人がやってきて満席になりました

まだ始まったばかりのお店ですが、先日のレセプションの時以上に

今後益々美味しい店になることが予想されます








casa・M 大人のためのビストロ 開店

casa・M
JUGEMテーマ:グルメ

選りすぐった食材と飲み頃のワインを

安心出来る環境で楽しめる店

していくことになりますをテーマに

ブルディガラやシュルプリーズで店舗を切り回していた、

シニアソムリエの山田昌彦氏と

シェフの 久保田誠氏の 二人のお店です

㋄8日の開店を控えてレセプションが開かれました



12リットルのワインのボトルも見る間に減って行くほど

14席の店舗はひっきりなしに訪れる訪問客で

    

常に満席でした、開店後が期待されます

casa・M(カーサ・エム)
〒542-0081
大阪市中央区南船場1丁目11番19号
プレサンス心斎橋ザ・スタイル1階
TEL/FAX 06-6262-1885
地下鉄長堀橋 “崕亳から徒歩1分



シンガポール料理 宏亜楼

JUGEMテーマ:グルメ


このお店は以前、

そらりすさんの新新『 in my life〜徒然なるままに食べ歩記♪〜 』で

紹介されているのを見てから「一度行かねば」と思っていました

場所は難波のマルイの北側の道を少しだけ北へ入ったところです



メニューはセットアラカルト共に豊富です





なにわともあれ今日は海南鶏を食べることが目的なので、

チキンライスつきのセットを注文



チキンライスは鶏のスープやスパイスで炊き込んだものです

スパイスが独特な揚げ春巻きと青梗菜の炒めもの、スープ、サラダ付です

主役の鶏はとても柔らかに蒸しあがっていて、



するりと舌の上をとおり、あっという間に減っていきました

鶏には2種類のソース(チリとショウガ)が付いています

特に辛いものは出てきませんでした

もっと辛いものを希望の方は 

サンバルと言うソースで炒めた魚やエビのメニューがあります

シンガポール料理 宏亜楼
大阪市中央区難波3-7-3
電話06-6643-5788
ランチ  11:00〜14:30(金・土・日・祝のみ)
ディナー 17:30〜23:00

定休 月曜日



久しぶりのボンヴィヴール

JUGEMテーマ:グルメ

超ジューシーハンバーグの ボンヴィヴール へ久しぶりに行きました

最初は 寒ブリのカルパッチョ 新鮮さが伝わります
寒ブリのカルパッチョ

飲み物はシェリーを からっと辛口でした
シェリ-

シーフードたっぷりのグラタン
シーフードグラタン
タラバの足が一本添えられています

フォアグラステーキ ヴィンコットソース
フォアグラのステーキ
分厚いフォアグラを ボリュームでも楽しめます
でも口の中でとろけるので ベツバラ 対象の一品です!!

そして、いよいよ真打 登場です
極上ハンバーグステーキ・昔ながらのデミグラスソース
特性ハンバーグ
黒毛和牛が入っています。
切ると肉汁が ジュワァーッとあふれ出します



Bon Viveur (ボン・ヴィヴール) (鉄板焼き / 長堀橋、心斎橋)
★★★★ 3.5





知新 蒸し穴子重

JUGEMテーマ:日記・一般


心斎橋付近で午前の用事が終わり、昼食場所を探していた時

アルバロンガは満席で入れず、芳どりは閉店していて当てが外れました

そんな時こんな看板が目に入り、入ってみると
屋外看板

12時過ぎなのに私が一人目らしく店はしーんとしていました
少々いやな予感、でもビルの上の階なのでこんなものか…

蒸し穴子重を注文して待っていると、卵豆腐が出ました
卵豆腐
自家製で大きな型から一つ切って出すところは
感じが良かったのですがぁ…

待つ間に店のパンフをもらってきて読んでみると
「元一流料亭が方針を変えてなじみやすい店に……」とか書かれていたような

何か不自然な気がしたのです、一流かどうかは誰が決めるものなのか
値段が高いものを提供することだけが一流の条件ではないはず
自分で言うのは、考え違いもはなはだしぃ…
表の看板もとても 元一流と言えるものかとは思えない
ホール係りの女性も普段着みたいな服で接客用の服装とは見えない

さてはてそうこうするうちに、蒸し穴子重が運ばれてきました
蒸し穴子重

きれいな盛り付けではありましたが、
肝心の穴子が蒸しすぎでやわらかすぎるように思えました
したがって、穴子のうまみも抜けてしまってるような気がしました

知新 なれば 温故 もしていただきたいものと感じました


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
フリースペース1
四つ橋線 肥後橋駅 徒歩2分に  キュートなオフィスビル    iplace 江戸堀   (アイプラス江戸堀)     <パース>
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from office1911. Make your own badge here.
Number of Guests
ブログパーツUL5
ゴックン!
selected entries
categories
archives
recent comment
  • えのき で 精進料理 ほんものの味わい  
    kbow (07/16)
  • 一碗水 ついに行きました
    ぺろんぱ (07/12)
  • 農家厨房 と言う名の 中華料理
    cotty (03/07)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    kbow (02/09)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    まゆ (02/09)
  • 旬彩 皐月 
    まき (02/04)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    kbow (01/14)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    oblio (01/14)
  • キッチンハウス うたげ 高級料理を破格値で
    ジュン (11/10)
  • 延重 で さかなゼイタク
    (10/13)
recent trackback
recommend
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計 (JUGEMレビュー »)
泉 和幸
著者の経済評論家としての鋭い切り口と長年培われた中国古典の豊富な知識が語る教訓
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM