スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

西天満 いがらし ランチに入ってよかった!

JUGEMテーマ:グルメ

午前中の仕事が西天満で終了したのが11時40分頃

どこかで昼を… と考えたときに堂島雪花菜で紹介されたいがらしを思い出し、

頭の中に残ってる記憶の地図をたどって店を見つけました。

外観

のれんがかかり表には簡単に「生節田舎風  一二〇〇円」と書いてあるだけ。

一瞬、生節だけでランチで1200円????? 足が止まりそうでしたが、

その気持ちを押し切って中へ。 昼の一番乗りでした。

とても愛想よく迎えていただき、カウンターの真ん中程へ座らせてもらいました。

しばらくすると、1品目の突出しが出されました。
先付 生節田舎風

あとでわかりましたが、これが生節の田舎風で、

ご主人曰く、「先付の1品しか表には書かないことにしてるのです」

なるほど、でも以外というか、そういいながらカウンターの中では
揚げ物、造り、添え物を順々に盛り上げて行ってられるのをみて、
安心しながら一品目をいただき終わると、

お料理全体ご飯と汁も

ランチの全体像が私の前にやってきました。

造りは カツオと鱧の落としが一つ、
サバの揚げ物の甘酢かけ、季節の野菜のかき揚げ、
イカときゅうりの酢の物、シロナ?のたいたん

焼き物は さわらの照り焼き

ご飯にはちりめん山椒がかかっていて
女性の方が「おかわり行ってください」

てな一言に、本当にご飯をおかわりしておなかをふくらせて
帰ってきました。
 

関連ランキング:割烹・小料理 | 南森町駅扇町駅大阪天満宮駅

タイキッチンハウス 2回目

JUGEMテーマ:グルメ


気温が上がって いよいよ春本番を実感する気候になりました

温度が上がると 食も南の国のものへと移動を始めるようです

前回食べた青パパイアのサラダ ソムタムに続き

タイ野菜 カナーと豚肉の炒めものです



鶏の炒めものも

少し甘いのですが タイのスパークリングワイン SPY です


ピリ辛の料理から口の中をリセットするのに適しています

今日はグリーンカレーでいきました、ライスはもちろんジャスミンライス



このカレー 緑色が とても鮮やかです、

スパイスも煮込んだ深い味と、仕上げに入れた浅い味とのレンジの広さが

独特の味わいを演出していました


最後の一品 トードマンプラー、魚のすり身の上げたもの  



タイのスパイスの効いた さつま揚げなのです

2回行っても まだ食べてないものがいっぱいです  

タイレストラン 
タイキッチン ハウス大阪市北区西天満4-6-14 
IFPスタジオ梅田
06-4709-5567



アキュイールの 価値あるディナー

JUGEMテーマ:グルメ


もとラクロッシュのシェフでル・シュクレ・クールの方と同級生の中多さんが

オーナーシェフのお店です。

飲み物はシェリーでスタートしました。

最初はのアミューズはコンソメのヴルテに新タマネギの泡立てが乗り

アミューズ

パルメザンのパリパリ焼がのっています

ワインの白です

ワイン白

前菜は 北海道産のホタテを軽く炙ってゴマのフィアンティーヌと言うパリパリ焼に

ほうれん草とアマランサスの葉をのせて、カラスミのパウダーがかかってます
前菜
ホタテの下には濃厚なほうれん草のピューレが敷いてあります
ホタテが一口大に切ってあり、日通しもよく美味しく頂きました

次は空豆とうすいえんどうのスープです
皿に空豆とエンドウを敷いた上に、うすいパスタに包んでカリッと揚げた

手長エビが乗って出されます、スープって聞いたのに?と見ていると



目の前で 鮮やかなうす緑のスープが注がれました



豆のうまみだけを生かした、ナノ級にきめの細かいスープです

手長エビをくるんでいるパリパリのパスタの皮がとても良いアクセントです


次の魚料理はマナガツオです、身が軟らかくなりやすい魚ですが



鮮度がとても良いものを使ってられるようで、魚用の丸いナイフでも

スパッと切れました。旬のたけのことホタルイカが添えられて、

ソースは菜の花のソースです。


ここで口直しのレモンのグラニテが出ました。いったん舌をリセットです。

ワインも赤に



次にメインの 琉華豚ロースのロティです。

琉華豚ロース01s

絶妙の温度で火通ししてあるのでしょう、すっかり調理されているのに

中は見事な色を保ったままです。甘みがすごく感じられました。

脂のところも、ベタベタしないでふんわりした肉と言った感じです。

四角豆、原木しいたけ、ニョッキ、に山葵の花が添えられています。


本日のチーズはブリーの間にくるみのマスカルポーネをはさんだもの

 

単調なブリーにマスカルポーネが素晴らしいアクセントになっていました。
真ん中にはきんかんのジャムがあり、これまた甘苦い逸品です

小さなデザートで口を中和して、デザートです。

デザートは3種類ありました、そのうち2種類です

フレッシュ苺とバラのジュレ、バニラアイスと、 

バナナのタルト アキュイール風  です
 



どれも甘みはそんなにきつくなく、サッパリとした中に

ふわーっと満足感が湧き出てくるような感じがしました。

最初のレモンのグラニテといい、デザート前の小さなデザートとか

いったん味覚をニュートラルに戻してから次へ進むことに気を使ってられる

とてもキメの細かい仕事をしてあるお店だと感じました。

アキュイール 
accueillir
大阪市北区西天満4-1-20
Lee Plaza 1F
TEL・FAX 06-6311-2558


アキュイール (フレンチ / 南森町)★★★★★ 4.5










タイレストラン タイキッチン ハウス  

JUGEMテーマ:グルメ


西天満は老松通りに昨年のミーツに載った「ローイカトン タイ」と言う

タイレストランへ行ってみました。

ところが店の名前が変わっているので!!!

聞いてみると、店の設備はそのままで、運営者と看板が変わったそうです。

3月18日から営業したばっかりでした。!!

新しい店は「タイレストラン タイキッチン ハウス」です



タイビール シンハーで乾杯し メニューを見て、注文しました



タイ風 揚げ春巻きです、生春巻きと迷った末の選択です



これは特に強い辛さもなく、パリッとした感じが良かったです

次に 鶏肉と唐辛子や三度豆など炒めもの、



タイこぶみかんの葉の香りがよく効いていて、そこそこ辛いのです


次に、本にも載っていた ソムタムと言う 料理で



もっと辛くといったら、追加に刻んだ唐辛子をナンプラーに入れたものが来ました

これをかけて、ビールでのどを潤し、汗を拭いて食が進みました

最後に〆にイエローカレーを注文、ライスは ジャスミンライスにしました



ライスの香りがカレーの味をさらにふくらませてくれたようです

タイレストラン タイキッチン ハウス
大阪市北区西天満4-6-14
IFPスタジオ梅田
電話 06-4709-5567


タイキッチン ハウス (タイ料理 / 南森町、淀屋橋、東梅田)
★★★☆☆ 3.5




ランデブー・デ・ザミ  ビストロ                   意味は「友人との約束」

JUGEMテーマ:グルメ


シュクレクールの岩永さんのblogを読んでいて、
すぐに行きたくなったお店です。
西天満公園の西側にあります。
外観
こちらのオーナーシェフの大谷さんとシュクレクールの岩永さん、
さらにはHAJIME GASTRONOMIQUE の米田さんは
同じ時期に渡仏して修行されていたそうです。

ランチに行きました。
開店から2週間ちょっとなのでお祝いの花などあって華やかです
祝いの花
表にはこんなメニューが
表のメニュー

2種の前菜から、パテドカンパーニュを
メインは黒豚すねとタンのマデラ酒煮込みにしました

せっかくなのでワインの白をグラスでいただくことに
2種類のお勧めから、向かって右の 蜂蜜の香のある辛口に
ワイン2種  SAMUR

本日のスープは にんじんのスープ
にんじんのスープ
さっぱりと甘みを抑えてあるのは、この後の料理への配慮でしょうか

パテドカンパーニュが来ました、
新鮮な口ざわりと香りがとても印象的でした
パテドカンパーニュ
どなたかのblogで ”ディナーのサイズ”とは聞いていましたが
立派な大きさです、おかわりしても良いくらい気に入りました

パンはもちろん シュクレクール
パン

もともと強いパンを、お店でかりっと仕上げてあり香ばしい

さていよいよメインです
黒豚すねマデラ酒煮込み
黒豚のすね肉は大きいままで煮込まれ、気ままな姿勢をとってます
その上にタンがほぼ円筒状で行儀よく乗っている対比が面白い
下には、サトイモ、銀杏、オクラ、
そしてもち米のリゾットをお焼きにしたものが土台になってます
すね肉はナイフが煎らないほど柔らかでした、
タンもナイフでスパッと一刀両断

先ほどのパテとあわせて、かなりのボリュームのはずですが
すんなりおさまりました、一皿ごとに別ばらが出来たみたいです

さてデザートは、焼きりんごのパウンドケーキ、プティブリュレ、
プラムのコンポートです
デザート

この2,300円のランチ、なかなかのものです
シェフの大谷さん神戸「ルイブラン」「グラシアニ」
パリ「ラ・レガード」「ルレ・ルイトレーズ」 などでの積み重ねがあるそうです

ランデブー・デ・ザミ
Randez-Vous des amis
大阪市北区西天満5-10-16
植月ビル1F
TEL&FAX 06-6362-1575




calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
フリースペース1
四つ橋線 肥後橋駅 徒歩2分に  キュートなオフィスビル    iplace 江戸堀   (アイプラス江戸堀)     <パース>
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from office1911. Make your own badge here.
Number of Guests
ブログパーツUL5
ゴックン!
selected entries
categories
archives
recent comment
  • えのき で 精進料理 ほんものの味わい  
    kbow (07/16)
  • 一碗水 ついに行きました
    ぺろんぱ (07/12)
  • 農家厨房 と言う名の 中華料理
    cotty (03/07)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    kbow (02/09)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    まゆ (02/09)
  • 旬彩 皐月 
    まき (02/04)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    kbow (01/14)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    oblio (01/14)
  • キッチンハウス うたげ 高級料理を破格値で
    ジュン (11/10)
  • 延重 で さかなゼイタク
    (10/13)
recent trackback
recommend
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計 (JUGEMレビュー »)
泉 和幸
著者の経済評論家としての鋭い切り口と長年培われた中国古典の豊富な知識が語る教訓
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM