<< 患者にやさしい病院を | main | 新地で ランチ 日本料理 遠藤(親子丼) >>

スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

L'api  感性のイタリアン

靱公園の少し北側で浪速筋のすぐ西側に L'apiはあります。

カウンターとテーブルあわせて15人くらいのキャパでしょうか

静かなオーナーときれいな奥様の二人で営業されてます

先ずは白ワインを飲みながら メニューをに目を通します



旬の食材の名前がふんだんに入ったメニューを読んでいると

皆〜な食べたくなってしまいます

先ずは 山羊のチーズと桃のサラダ トマトのジュレがけ です



チョイト曲者のチーズですが野菜と桃の甘みでバランスしています


魚では アナゴの炭焼き 水なす添え トマトソースです



アナゴは一度蒸したものを炭火で焼き香ばしい香りがいっぱいです


メインは タスマニア仔羊背肉の炭火焼 です



さっぱりと柔らかな子羊ですが 結構お腹に効きました

さて仕上げはやはりパスタ  タリオリーニ 万願寺唐辛子とホタテ です



ここのパスタは スパゲティ以外は店内の手打ちです

シコシコした歯ごたえが印象的でした

お味は全体にあっさり、さっぱりです

でも特に私には 塩味がとても素晴らしく感じました

最近 減塩とかが行き過ぎみたいな味付けに出会います

やはり ここ一番は 塩のメリハリが必要だと感じました

スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • 10:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
おひさしぶりでーす!
相変わらず美味しいとこ行ってますねぇ。
大阪のレベルが高いのか、kbowさまのセンスが良いのか?
とーぜん、センスが良いのですね(笑)!
今度よろしくおねがいしまーす!
  • oblio
  • 2007/05/27 1:06 PM
oblioさんいらっしゃいませ。
大阪でお待ちしていますです。
  • kbow
  • 2007/05/27 5:10 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
健康に食べるとは@スローフードのすすめ
健康に食べるということについて、とてもわかりやすい情報を得ました。食生活ジャーナリストの佐藤達夫さんが話されていることです。スローフードを考えるのに忘れてはならないことです。(以下内容)質問:栄養素をちゃんと摂っているだけではダメダメでしょうか...
  • スローフードのすすめ@スローフードで人生を味わい尽くす
  • 2007/05/30 2:08 PM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
フリースペース1
四つ橋線 肥後橋駅 徒歩2分に  キュートなオフィスビル    iplace 江戸堀   (アイプラス江戸堀)     <パース>
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from office1911. Make your own badge here.
Number of Guests
ブログパーツUL5
ゴックン!
selected entries
categories
archives
recent comment
  • えのき で 精進料理 ほんものの味わい  
    kbow (07/16)
  • 一碗水 ついに行きました
    ぺろんぱ (07/12)
  • 農家厨房 と言う名の 中華料理
    cotty (03/07)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    kbow (02/09)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    まゆ (02/09)
  • 旬彩 皐月 
    まき (02/04)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    kbow (01/14)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    oblio (01/14)
  • キッチンハウス うたげ 高級料理を破格値で
    ジュン (11/10)
  • 延重 で さかなゼイタク
    (10/13)
recent trackback
recommend
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計 (JUGEMレビュー »)
泉 和幸
著者の経済評論家としての鋭い切り口と長年培われた中国古典の豊富な知識が語る教訓
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM