<< Un goccio ウン ゴッチョの パスタランチ | main | らーめんの 麺屋Kitchen 一歩 >>

スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

サンタルチア の ランチ

サンタルチアは結構有名で

店の外装からして ユニークなイタリアイタリアしています

今日はメインつきのランチに

前菜です 右手前はサーモンをさっと表面だけ火を通したもの

右奥はお米を使ったサラダ てな風に 工夫とオリジナリティに溢れてます



パスタは ニョッキでした 



このあたりでお腹にだいぶん溜まってきた感じです


メインは鶏肉の フリット  



乗っかってる葉っぱは セルバーチコ とか言うルッコラで

丸い葉のものよりも 苦味など 主張が強いのでアクセントになります


食後の飲み物はカプチーノやエスプレッソにせずに

シャーベット状のコーヒーをチョイス



やや苦味が強い所へクリームがマッチしてます



RISTORANTE&PIZZERIA
SANTA-LUCIA

大阪市西区京町堀1-9-17
TEL 06-6444-8881



スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • 23:37
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
珍しく私も行ったことのあるお店が出てきたのでコメントさせて頂きます。
ご陽気なオーナーシェフ氏の微笑みに迎えられての入店は女性には嬉しいものでした。

ここは確かにお料理のボリュームがいっぱいですね。私はディーナータイムに行ったのですが、飲みながらゆっくりでしたのでもう前菜盛り合わせでお腹いっぱいでした。
頑張ってもあとのお料理はかなり残してしまい、お店の人に(多分、無理を言ったと思うのですが)御持ち帰りにさせて頂きました。

芦屋に2号店があるようなのでそちらにも一度行ってみようと思っています。
  • ぺろんぱ
  • 2007/10/05 12:36 PM
ぺろんぱ様 いらっしゃいませ
サンタルチアは会社の近くなのに、今回で3回目です。
2回目は何年か前の初夏に南側のテント席でした。
蚊取り線香たきながらのイタリアンのランチで印象に残ってます。
  • kbow
  • 2007/10/05 12:44 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
肥後橋 サンタルチア PranzoA
■肥後橋 サンタルチア PranzoA今日のランチは、大阪 肥後橋にあるRistorante&Pizzeria”サンタルチア”の PranzoA840円です。■ランチバイキングが、たったの830円今日も大阪に出張。肥後橋でランチになりました。最近、この界隈でいろいろなお店を探索して
  • Tommyのきままなグルメランチ日記
  • 2008/12/14 7:11 PM
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
フリースペース1
四つ橋線 肥後橋駅 徒歩2分に  キュートなオフィスビル    iplace 江戸堀   (アイプラス江戸堀)     <パース>
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from office1911. Make your own badge here.
Number of Guests
ブログパーツUL5
ゴックン!
selected entries
categories
archives
recent comment
  • えのき で 精進料理 ほんものの味わい  
    kbow (07/16)
  • 一碗水 ついに行きました
    ぺろんぱ (07/12)
  • 農家厨房 と言う名の 中華料理
    cotty (03/07)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    kbow (02/09)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    まゆ (02/09)
  • 旬彩 皐月 
    まき (02/04)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    kbow (01/14)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    oblio (01/14)
  • キッチンハウス うたげ 高級料理を破格値で
    ジュン (11/10)
  • 延重 で さかなゼイタク
    (10/13)
recent trackback
recommend
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計 (JUGEMレビュー »)
泉 和幸
著者の経済評論家としての鋭い切り口と長年培われた中国古典の豊富な知識が語る教訓
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM