<< あづまや 日本一短い商店街の定食やさん | main | おでんを顔と間違うデジカメ 「にし留」の 牡蠣のおでん >>

スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

フォアグラ丼 Too,Re!Do,Re!  あ〜ぁ食欲の秋です

前から気になっていた Too,Re!Do,Re! のフォアグラ丼

1日10食限定 なんて文字が目に入ります

せっかく納豆そばでメタボ対策したのに…とか 共食い… などとつぶやきながら

ついに本日注文です。 やっと秋めいて来た気候のせいにしておきます。

炭焼き地鶏のフォアグラ丼です

左向こうの小さなビンは山椒です

炭焼き地鶏の上に ひときわこんがり焼かれて乗っているのが

フォアグラ です 
          
     角度を変えて         
              
フォアグラはもちろんとろりとした味で、舌の上でとろけます

でも、この丼 本当の主役は 炭焼き地鶏のように思います
しっかりした歯ざわりと、ジューシーだけど余分な脂が無い
適当な焦げ目が入っていて、中は甘みが残る焼き加減です


さて、フォアグラでカロリーアップした上にとどめのデザート

チョコチップ入りのチョコアイスでした

YahooBBお使いの方はここの店内は 無線LAN環境があります


炭火ダイニング Too,Re!Do,Re! トゥーレ・ドゥーレ
大阪市西区京町堀1-8-28
TEL 06-6445-7377








スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • 13:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
このお店何度も前通ってましたが
フォアグラ丼という魅力的なメニューが
あったなんて、見過ごしてました。
食べてみたいです。フォアグラ大好きんなんで。
でもおいくらなんでしょうか?
そらりす様 いらっしゃいませ
値段は1500円です。
なので、存在は知ってましたが長いこと行かなかったんです。たしか日替わりランチより800円以上高いのですから。
  • kbow
  • 2007/10/14 12:27 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
肥後橋 Too、Re!Do、Re! 炭焼地鶏のフォアグラ丼
■肥後橋 Too、Re!Do、Re! 炭焼地鶏のフォアグラ丼今日のランチは、大阪 肥後橋にあるレストラン”Too、Re!Do、Re!”の 炭焼地鶏のフォアグラ丼1500円です。■フォアグラ丼!!今日も、大阪に出張中。ランチは肥後橋の靭公園周辺のお店に行きました。以前か
  • Tommyのきままなグルメランチ日記
  • 2008/11/21 11:31 PM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
フリースペース1
四つ橋線 肥後橋駅 徒歩2分に  キュートなオフィスビル    iplace 江戸堀   (アイプラス江戸堀)     <パース>
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from office1911. Make your own badge here.
Number of Guests
ブログパーツUL5
ゴックン!
selected entries
categories
archives
recent comment
  • えのき で 精進料理 ほんものの味わい  
    kbow (07/16)
  • 一碗水 ついに行きました
    ぺろんぱ (07/12)
  • 農家厨房 と言う名の 中華料理
    cotty (03/07)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    kbow (02/09)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    まゆ (02/09)
  • 旬彩 皐月 
    まき (02/04)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    kbow (01/14)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    oblio (01/14)
  • キッチンハウス うたげ 高級料理を破格値で
    ジュン (11/10)
  • 延重 で さかなゼイタク
    (10/13)
recent trackback
recommend
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計 (JUGEMレビュー »)
泉 和幸
著者の経済評論家としての鋭い切り口と長年培われた中国古典の豊富な知識が語る教訓
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM