<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 赤石 鹿ノ瀬 ブリーゼブリーゼ | main | 大阪は大丈夫?その1 コールド・ストーン・クリーマリー  もうすぐ大阪に来るらしい >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    ランデブー・デ・ザミ  ビストロ                   意味は「友人との約束」

    0
      JUGEMテーマ:グルメ


      シュクレクールの岩永さんのblogを読んでいて、
      すぐに行きたくなったお店です。
      西天満公園の西側にあります。
      外観
      こちらのオーナーシェフの大谷さんとシュクレクールの岩永さん、
      さらにはHAJIME GASTRONOMIQUE の米田さんは
      同じ時期に渡仏して修行されていたそうです。

      ランチに行きました。
      開店から2週間ちょっとなのでお祝いの花などあって華やかです
      祝いの花
      表にはこんなメニューが
      表のメニュー

      2種の前菜から、パテドカンパーニュを
      メインは黒豚すねとタンのマデラ酒煮込みにしました

      せっかくなのでワインの白をグラスでいただくことに
      2種類のお勧めから、向かって右の 蜂蜜の香のある辛口に
      ワイン2種  SAMUR

      本日のスープは にんじんのスープ
      にんじんのスープ
      さっぱりと甘みを抑えてあるのは、この後の料理への配慮でしょうか

      パテドカンパーニュが来ました、
      新鮮な口ざわりと香りがとても印象的でした
      パテドカンパーニュ
      どなたかのblogで ”ディナーのサイズ”とは聞いていましたが
      立派な大きさです、おかわりしても良いくらい気に入りました

      パンはもちろん シュクレクール
      パン

      もともと強いパンを、お店でかりっと仕上げてあり香ばしい

      さていよいよメインです
      黒豚すねマデラ酒煮込み
      黒豚のすね肉は大きいままで煮込まれ、気ままな姿勢をとってます
      その上にタンがほぼ円筒状で行儀よく乗っている対比が面白い
      下には、サトイモ、銀杏、オクラ、
      そしてもち米のリゾットをお焼きにしたものが土台になってます
      すね肉はナイフが煎らないほど柔らかでした、
      タンもナイフでスパッと一刀両断

      先ほどのパテとあわせて、かなりのボリュームのはずですが
      すんなりおさまりました、一皿ごとに別ばらが出来たみたいです

      さてデザートは、焼きりんごのパウンドケーキ、プティブリュレ、
      プラムのコンポートです
      デザート

      この2,300円のランチ、なかなかのものです
      シェフの大谷さん神戸「ルイブラン」「グラシアニ」
      パリ「ラ・レガード」「ルレ・ルイトレーズ」 などでの積み重ねがあるそうです

      ランデブー・デ・ザミ
      Randez-Vous des amis
      大阪市北区西天満5-10-16
      植月ビル1F
      TEL&FAX 06-6362-1575




      kbow * 西天満 * 09:00 * comments(0) * trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 09:00 * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ