<< 赤石 鹿ノ瀬 ブリーゼブリーゼ | main | 大阪は大丈夫?その1 コールド・ストーン・クリーマリー  もうすぐ大阪に来るらしい >>

スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

ランデブー・デ・ザミ  ビストロ                   意味は「友人との約束」

JUGEMテーマ:グルメ


シュクレクールの岩永さんのblogを読んでいて、
すぐに行きたくなったお店です。
西天満公園の西側にあります。
外観
こちらのオーナーシェフの大谷さんとシュクレクールの岩永さん、
さらにはHAJIME GASTRONOMIQUE の米田さんは
同じ時期に渡仏して修行されていたそうです。

ランチに行きました。
開店から2週間ちょっとなのでお祝いの花などあって華やかです
祝いの花
表にはこんなメニューが
表のメニュー

2種の前菜から、パテドカンパーニュを
メインは黒豚すねとタンのマデラ酒煮込みにしました

せっかくなのでワインの白をグラスでいただくことに
2種類のお勧めから、向かって右の 蜂蜜の香のある辛口に
ワイン2種  SAMUR

本日のスープは にんじんのスープ
にんじんのスープ
さっぱりと甘みを抑えてあるのは、この後の料理への配慮でしょうか

パテドカンパーニュが来ました、
新鮮な口ざわりと香りがとても印象的でした
パテドカンパーニュ
どなたかのblogで ”ディナーのサイズ”とは聞いていましたが
立派な大きさです、おかわりしても良いくらい気に入りました

パンはもちろん シュクレクール
パン

もともと強いパンを、お店でかりっと仕上げてあり香ばしい

さていよいよメインです
黒豚すねマデラ酒煮込み
黒豚のすね肉は大きいままで煮込まれ、気ままな姿勢をとってます
その上にタンがほぼ円筒状で行儀よく乗っている対比が面白い
下には、サトイモ、銀杏、オクラ、
そしてもち米のリゾットをお焼きにしたものが土台になってます
すね肉はナイフが煎らないほど柔らかでした、
タンもナイフでスパッと一刀両断

先ほどのパテとあわせて、かなりのボリュームのはずですが
すんなりおさまりました、一皿ごとに別ばらが出来たみたいです

さてデザートは、焼きりんごのパウンドケーキ、プティブリュレ、
プラムのコンポートです
デザート

この2,300円のランチ、なかなかのものです
シェフの大谷さん神戸「ルイブラン」「グラシアニ」
パリ「ラ・レガード」「ルレ・ルイトレーズ」 などでの積み重ねがあるそうです

ランデブー・デ・ザミ
Randez-Vous des amis
大阪市北区西天満5-10-16
植月ビル1F
TEL&FAX 06-6362-1575




スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • 09:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
フリースペース1
四つ橋線 肥後橋駅 徒歩2分に  キュートなオフィスビル    iplace 江戸堀   (アイプラス江戸堀)     <パース>
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from office1911. Make your own badge here.
Number of Guests
ブログパーツUL5
ゴックン!
selected entries
categories
archives
recent comment
  • えのき で 精進料理 ほんものの味わい  
    kbow (07/16)
  • 一碗水 ついに行きました
    ぺろんぱ (07/12)
  • 農家厨房 と言う名の 中華料理
    cotty (03/07)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    kbow (02/09)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    まゆ (02/09)
  • 旬彩 皐月 
    まき (02/04)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    kbow (01/14)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    oblio (01/14)
  • キッチンハウス うたげ 高級料理を破格値で
    ジュン (11/10)
  • 延重 で さかなゼイタク
    (10/13)
recent trackback
recommend
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計 (JUGEMレビュー »)
泉 和幸
著者の経済評論家としての鋭い切り口と長年培われた中国古典の豊富な知識が語る教訓
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM