<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 農家厨房 と言う名の 中華料理 | main | 二日続けてインドカレー パート1  ダワト の巻 >>

時分時 おしゃれな鉄板割烹

0
    JUGEMテーマ:グルメ

    いつも混んでるみたいな名前のとおり、中々予約の取れないお店です

    目の前の鉄板で何でも焼いて作ってくれるお店です

    串焼きや、ステーキ、お好み焼き、そばめしなどなどですが

    串焼きからスタートしましたが、種類が多いので串焼きおまかせ5種 です

    串で焼いてから、はずして 盛ってあります



    使ってる食材にすごく凝っているのです、 ワインも手ごろなものが15種ほど、

    さてこのオードブルのような串焼き、ちなみに正面から時計回りに、

    トッポギとコンニャクの辛みそ、神戸牛カルビ、活タコ酒盗ソース、

    きのことフォアグラバター、タルタルサーモン


    飲み物は最初のビールは1杯でやめて、種類豊富なワインからWillamet Valley

    串焼きは追加で、うまきと、じゃがバタめんたい

        


    さらに串焼きで 塩リードヴォー、 と地鶏モモのアンチョビソース

    2種類目のワインは CH ファンタン

      


    次に 牛のカイノミとステーキを注文したので

    赤ワインにして、肉が焼けるのを待ちます

      


    この時間を使って、お店の中はどうなってるかと言うと

    カウンタの中に ご主人と奥さんの二人で営業されています

      

    黒板には几帳面な字で、多才な食材の名前が飛び交うメニューがあり、

    ワインだけで黒板1枚が使われています




    カイノミが焼けたので、盛り付けて 出てきました

      

    このあたりでワインの通りがとても良くなり、2種類追加

      

    アダマス(ピノノワール)とカステルモール ラ ブヴェット


    この後、豚玉が出てきたとき アッと 失敗に気づいたのです

    ラストの豚玉の前に食べた ソバメシの写真取ってませんでした




     
    時分時
    kbow * 本町・淀屋橋 * 21:28 * comments(0) * trackbacks(0)

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 21:28 * - * -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      このページの先頭へ