<< 与太呂 本店 | main | 夏が来〜れば思い出す  初めての尾瀬散策 その2 >>

スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

夏が来〜れば思い出す  初めての尾瀬散策 その1

 久しぶりにBlogをアップ!

しかも食べ物ネタじゃないところが不思議。
6月の11日から尾瀬に行ってきました。

<1日目・前泊>
11日は丸沼高原のペンションプモリに宿泊。
プモリのオーナーの宮崎勉さんは8000m級の山を6座も登頂された、
有名な登山家です。
朝食   プモリ夕食   プモリ夕食メイン

とってもおいしい夕食を頂いた後で、宮崎さんのお話を聞かせていただきました。
高所順応のことなど興味深く聞き入りました。
食堂の横の談話コーナーには2002年にチョモランマに登頂された時の
酸素ボンベが無造作に置いてありました。

プモリの宮崎勉さん    チョモランマ登頂時の酸素ボンベ

<2日目・鳩待峠→尾瀬ヶ原→見晴らし→渋沢温泉小屋>
鳩待峠から歩き始めるのですが、一般車両は通行禁止なので、戸倉からバスに乗ります。
戸倉でバスに乗り換え
この日はバンに分乗しました。
鳩待峠にはさすがに人が多く集まってきていてにぎやかでした。
木道  シラネアオイ  

下り道が終わると尾瀬ヶ原に入って行きます。
紫のシラネアオイがきれいでした。
山ノ鼻で少し休憩して、さらに湿原の木道を歩きました。

  チシマザクラ  看板


あちこちに水芭蕉が咲いています。
少々時期が遅いのか?盛りを過ぎた花も見受けられました。

ピンクの花はショウジョウバカマというそうです。
ミズバショウ    ショウジョウバカマ


竜宮で休憩したあと、見晴らしまで歩き昼食をとりました。

  竜宮  


昼食後は尾瀬ヶ原を離れて、渋沢温泉小屋(しぼさわおんせんこや)を目指します。
元湯の温泉小屋あたりまでは平坦でしたが、その先は滑りやすい木道の
登山道となりました。

  元湯温泉 
 
いったん登って、最後は延々と続く下りのつづら折りです。

      


渋沢温泉小屋が見えた時には、ホッとしました。
夕食までの時間が楽しみのビールタイムです。
小屋の周りはきれいな新緑で、只見川の源流が近くを流れていて、
清流の音がいつも聞こえています。
    

夕食は小屋の近くでとれた山菜に自家製のイワナ味噌をつけたり、
イワナの塩焼きなど、健康的で野趣あふれるものづくめです。
渋沢温泉の夕飯  スタッフの方々

スタッフの方です。右の森さんはこの小屋の創業者さんの後を継いで運営されています。
渋沢温泉小屋
食後にお風呂に入ってから、食堂で色々な話に花が咲きました。

……  3日目に続く  ……




スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • 19:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
フリースペース1
四つ橋線 肥後橋駅 徒歩2分に  キュートなオフィスビル    iplace 江戸堀   (アイプラス江戸堀)     <パース>
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from office1911. Make your own badge here.
Number of Guests
ブログパーツUL5
ゴックン!
selected entries
categories
archives
recent comment
  • えのき で 精進料理 ほんものの味わい  
    kbow (07/16)
  • 一碗水 ついに行きました
    ぺろんぱ (07/12)
  • 農家厨房 と言う名の 中華料理
    cotty (03/07)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    kbow (02/09)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    まゆ (02/09)
  • 旬彩 皐月 
    まき (02/04)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    kbow (01/14)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    oblio (01/14)
  • キッチンハウス うたげ 高級料理を破格値で
    ジュン (11/10)
  • 延重 で さかなゼイタク
    (10/13)
recent trackback
recommend
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計 (JUGEMレビュー »)
泉 和幸
著者の経済評論家としての鋭い切り口と長年培われた中国古典の豊富な知識が語る教訓
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM