スポンサーサイト

  • 2014.07.21 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

イタリア料理 ピウ Piu Osteria e bar

JUGEMテーマ:グルメ
ピウは堺筋本町の 東北へ数分行ったところにあります

ル・ヌー・パピヨンの真向かいにあります

外観


最近はランチも始めたようです

今日のランチは3種類

まず前菜はスープとサラダ

前菜のスープとサラダ



パスタランチは2種類のパスタから選びます

豚肉とキャベツのオイルパスタにしました

豚肉とキャベツのオイルパスタ

パスタの方は味が薄めにしてあって

上の肉やキャベツの味付けで

バランスがとってあるようでした

オステリア エ バール ピウ
大阪市中央区安土町1-6-22
TEL/FAX 06-6131-8464


 

Osteria e bar Piu (イタリアン / 堺筋本町、本町、北浜)
★★★☆☆ 3.5

カランドリエのディナー

JUGEMテーマ:グルメ

 以前からぜひ行ってみたかったお店です

本町通の三休橋筋を南に入ってすぐの便利な場所です

外観1    外観2ネームプレート

そのシンプルな外観は 店内の豪華さを演出するためでしょうか?

席に案内されて、オーダーをしながらシャンパンで乾杯しました
シャンパン

アミューズは フォラグラのコンソメのコロッケ

フォアグラコンソメコロッケ

「やけどはしませんから、一口で全部お召し上がりください」
口の中に広がるコンソメのコク、香とフォアグラのうまみ

前菜1品目は、時鮭のマリネで季節の野菜を包み込んだもの

時鮭マリネ季節の野菜包み    自家製パン

パンは自家製で毎日焼きたてを出してるそうです

ちなみにお皿は、バター皿を除いてすべてベルナルド


前菜2品目は相方とそれぞれ違うものを注文

アワビのステーキ と 岩ガキとホタテ

アワビのステーキ    岩ガキとホタテのロースト

黄緑色のえんどう豆のフランや季節野菜がそえられています

この前後の飲み物はアルザスの白ワイン

アルザス白      アマダイのポワレ花ズッキーニ肉詰め

魚は アマダイのポワレで花ズッキーニの花びらのところに

肉を包み込んだ手の込んだものが添えられてました


次のメインの肉料理を前に 強めの白ワインを頼んだら

ブルボーニュ白

ブルゴーニュの白になりました


メインは相方と違うチョイスで

鹿児島牛のフィレステーキ と 

メイン鹿児島牛フィレステーキ   メイン鳩と鴨のフォアグラパートフィロー包み

鳩のロースト鴨のフォアグラをパートフィローで

包み焼きしたもの


鳩と鴨の内臓系なので赤ワインをお願いしたら

フルボディですとこれに

赤フルボディ


チーズは10種類から選べるので、全種類お願いしました

チーズ全体   エポワス   

チーズとりわけ後


ケーキも8種類から選べます

ケーキ   ケーキ


ケーキを切り分けている間に口直しの

スイカのスープ仕立てで口が少々さっぱりとなります

スイカのスープ仕立て


切り分けられたケーキに圧倒されて、

ケーキとりわけ後   プチフール

最後のプチフールはお願いして持ち帰りさせてもらいました

お料理は全体を通して、丁寧で神経質すぎないところが

気に入りました。

席数がたしか34席のホールを黒い上着の男性3人と

白い上着の男性二人と女性一人の6人で担当、

聞いてみるとキッチンは7人で切り盛りだそうです。

やはりサービス向上は質も量も必要となるのでしょう。

このスタイルをぜひぜひ続けて欲しいと感じました。

カランドリエ (フレンチ / 本町、堺筋本町、北浜)
★★★★ 4.0

ル・ヌー・パピヨン ディナーで再訪

JUGEMテーマ:グルメ
先日ランチしたル・ヌー・パピヨンへディナータイムに行きました

コースとアラカルトを組み合わせて ワインを

突き出しは 豚肉のリエット、そこそこ油もスジも多い部位を

うまく仕上げてあります

今日の料理は黒板書きです

突き出し  本日の料理


肉類の加工品、このお店のシェフのお得意の内の一つとか

加工品の盛り合わせ  ワインは白で

まな板に盛り合わせてあるのが、切り立ての新鮮な感じがします 

ワイングラスにお店のシンボルマークが入ってます



フォアグラです

フォアグラ    


今日の料理から 黒ムツのポワレ

黒ムツのポワレ    

ワインが進みます


シャラン鴨胸肉のロースト 鮮やかな色に合わせてワインも赤に

鴨  


甘いデザートはやめて やっぱりここはチーズで



まだまだ料理のほんの一部しか食べられていないのが

悔しい感じがします


テーブル席はコース専用となるようですが

テラスやスタンドのカウンターでアラカルトで飲むのも

このお店らしい楽しみ方だと思います

ル ヌー パピヨン のランチ 

JUGEMテーマ:グルメ


ル ヌー パピヨン 2ヶ月ほど前に出来たビストロ、DAIGAKUと言うお店の

姉妹店だそうです(どちらも行ったことは無いのですが)
(ヌーはしばるとかの意味、ヌーパピヨンは蝶ネクタイなんだとか)

外観

大阪産業創造館で午後のミーティングがあったので、ランチにぴったり

コースは前菜4種類位、メイン4種類くらいから選べます

イワシと前菜を夏野菜のテリーヌ、メインを子羊に

パン(パンデュース)と冷製スープ(ガスパチョでしたっけ)でしばらく待ちます

テーブルと床

床のタイルがとてもおしゃれです、


イワシと夏野菜のテリーヌ
イワシと夏野菜のテリーヌ
ナスやジャガイモ、赤いのはピーマン、積み重ねてベーコンで包んであります

イワシも新鮮、野菜は生き生きしていて、でも適度に柔らかです

昼からのミーティングが無ければ…… ワイン飲みたい!!
なぁんて衝動に駆られる雰囲気です、でも今日はガマン

ワインといえばこのお店の右側にもう一つ入り口があって

ワインショップになっています、そこでお好みのワインを選んで

お店で飲むことが出来ます(抜栓料2,100円)


メインの子羊のタジン風煮込み、由来はタジンと言うな鍋にあるのでしょうか?

子羊のタジン風煮込み

トマトやピーマンがいっぱい使ってあるみたいです

羊がホロホロでパクパク進みました

添えてあるクスクスも美味しいのです、

ソースに絡めてきれいに平らげました

デザートのスープドフリュイとレモンのソルベ

スープドフリュイ、レモンのソルベ
ココナッツミルクが効いてあっさり甘く、酸味のレモンと好コントラスト

ネットやblogで紹介されているとおり、ビストロという肩の張らない空気と

メリハリあるお料理で、期待通り満足なランチでした

次は夜にゆっくり来たいと強く思いました
meisi

Le Noeud Papillon
ル ヌー パピヨン
大阪市中央区安土町1-5-7 
eFITビル1F
tel.fax 06 62 62 01 23




幸福粥店 ハッピーコンジー

JUGEMテーマ:グルメ


食欲があまり無かったので 備後町の御堂筋を西に行った

幸福粥店にお粥を食べに行きました

お粥のメニューは9種類の+別料金のお粥合計で10種類あります

普通のお粥は、とり団子、野菜、豚肉とピータン、白身魚、トマト
黒ごま、豆乳、ショウガ、ニラ  の9種類から選べます

おかずは、肉まん2個 か 揚げパン2個か
肉まん揚げパン各1個ずつ か 腐乳1個  です

一番人気のとり団子のお粥と肉まん、揚げパン各1個のセットにしました

お粥です


とり団子は少ししか見えていませんが、結構大きいのです


肉まん 揚げパンもそこそこ あります


今から夏に向かいますが、かえって冷たいものの飲みすぎで
おなかが調子悪いときなんかに 効果的な気がします



ハッピー コンジー
幸  福  粥  店 
大阪市中央区備後町4-2-5
電話 06-6222-1885

Deli Kitchen  Salt&Pepper

もとホテルプラザのレストランに勤めていた方が独立して

現在やっていられるお店の特集をした本を最近書店で見かけた



このお店も載っていたので、通りがかりのランチタイム終わりかけに入った

880円の日替わりランチを注文すると、まだ1時になって無いのに

パンが無いという。 よほど来客が多かったのか? 見込み違いか?

日替わりランチのサラダとスープ



大根サラダに和風ドレッシングがけで茶色く見えるのはまぶした鰹節

スープはコーンスープで、クリーム分は少なくキメも粗いけれど

味はしっかりしている それぞれボリュームもしっかり


メインのチキンのグリル(だったかな) ソースにはチーズが効いている



チキンもおいしいが、出てきたタイミングからして再加熱間違いなし

味は文句無いけど、これだけ皮目がキツネ色になっているのに

まったくパリッとした感じなし


そして、唖然と言うか この店のカテゴリーを自ら説明するような

グラス入りのホットコーヒー、黒い棒はマドラー

出す前には「グラスに入ってますけど良いですか?」と確認されたけれど…



<特にご注意!!ここからは独断と偏見の独り言です>
グラスで出す発想自体論外だと思う。コースター無しでも良いから、
マグカップでも良いから、ほんの数メートルはなれたところにいるシェフは
ご存知なのだろうか? 




BeansCafe NutsShop  Nuts DOM ナッツダム

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:健康

御堂筋の西側をガスビルよりもう少し南へ行くと

ビルとビルの間に可愛いショップがあります、一軒のビルです

NutsDOMと言うお店で、中を見るときれいに商品が並んでいます

店内を見ると

色々な 豆や豆を使ったお菓子を売っているお店です

豆は繊維質やミネラルを多く含む健康な食品ですね

たくさんの商品

店の奥には豆を煎る焙煎機があって、ここで煎りたてを販売もしています

見ているだけで楽しくなるようなお店です

早速2種類頂きました、ピスタチオにコーティングした「さくっとピスタ」と

ピーナッツに細かいおかき風のものを付けた「松かさ」です

  


また、料理材料として、先日食べたトルコ料理で気に入った
赤レンズ豆を買いました

2階は豆を使ったケーキなどのお菓子があるカフェです

2階のCAFEメニュー

次回は2回でお茶しないといけませんね

Beans Cafe NutsDOM
大阪市中央区淡路町4-2-16
電話 06-6221-1717


華都飯店 大阪本町店

JUGEMテーマ:グルメ


華都飯店(シャトーはんてん)は御堂筋の本町近くのビル街の中にあります

ビルの1階のその店舗はこぎれいな、社用向きの感じがします

前菜はきれいに盛られてでます、そつの無い味付けでした


次は、ふかひれスープ
hukahiresu-pu

イカときのこ野菜の炒め物
itamemono

揚げ物 2種


かにのほぐし身の淡雪仕立て、きれいな一品です


そして、陳健民の流れをくむ料理人が作る自慢のマーボー豆腐、


山椒はしびれ味の  用と
香を楽しむものと2種類用意してあるところでは、自慢の料理のようです、

残念なことに 辛い が効いてませんでした。

きれいな内装の店舗のお店で、料理は全体にそつなくまとまっています

でも、メリハリの点ではイマイチの感がありました。

この店のコンセプトなのでしょうか? 立地からして、会合や接待が中心の

客層に美味しいや、メリハリは必要ないのかもしれません。

自分ひとりならここにはきません。

華都飯店 大阪本町店
大阪市中央区備後町3-6-14
アーバネックス備後町ビル
06-6264-7320

Faa Thai Restaurant タイ料理

JUGEMテーマ:グルメ


堺筋本町の少し北西にFaaThaiはあります

外観はこのビルのここだけ南の国です

gaikan

料理の種類が多く、その組み合わせのランチも多種多様
menyu-

トムヤム麺とカレーのセットにしました
rannti

少々スパイシーですが だれでも食べれる程度のさでした

Faa Thai(ファー タイ)ThaiRestaurant
大阪市中央区淡路町2-1-10
ユニ船場101号
電話 06-6223-1533


Faa Thai (ファー・タイ) (タイ料理 / 北浜)
★★★★ 3.5

初出の日の風景



1月5日初出の日 あいさつ回りの最中に 見かけた光景です

以前このblog」で
「開店ずっと前から皆でお掃除している塩昆布屋さん」でのっけたお店です。

お囃子もにぎやかに、そろいの意匠に身を固めた男の人たちが

神宗の餅つき

三味線、鐘、太鼓のお囃子にあわせて餅つきをしていました。

伝統の昆布屋さんらしいお正月を彩る景気の良いイベントです。

しばらく見ていると、そろいの装束ではない女性のスタッフが

ジーンズ姿で出てきて 
餅つきをはじめました。

この人餅つきがすごくうまかったのです、強かったのです

杵の先に集中されているパワーがその前にやってた男性の比でなはく

パッチン ペッタン とヒットしまくりです

時には強すぎて、 餅が切れるような音まで聞えました

世の男性の皆さん! 何か考えさせられることは無いでしょうか?







calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
フリースペース1
四つ橋線 肥後橋駅 徒歩2分に  キュートなオフィスビル    iplace 江戸堀   (アイプラス江戸堀)     <パース>
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from office1911. Make your own badge here.
Number of Guests
ブログパーツUL5
ゴックン!
selected entries
categories
archives
recent comment
  • えのき で 精進料理 ほんものの味わい  
    kbow (07/16)
  • 一碗水 ついに行きました
    ぺろんぱ (07/12)
  • 農家厨房 と言う名の 中華料理
    cotty (03/07)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    kbow (02/09)
  • 龍の瞳 と言う米に感動  お料理 君しま
    まゆ (02/09)
  • 旬彩 皐月 
    まき (02/04)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    kbow (01/14)
  • グリル ミヤタ  京都の老舗はインターナショナル
    oblio (01/14)
  • キッチンハウス うたげ 高級料理を破格値で
    ジュン (11/10)
  • 延重 で さかなゼイタク
    (10/13)
recent trackback
recommend
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計
逆境に道あり―人を活かし、自己に打ち克つ三十六計 (JUGEMレビュー »)
泉 和幸
著者の経済評論家としての鋭い切り口と長年培われた中国古典の豊富な知識が語る教訓
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM